童友社1/250航空母艦信濃 艦載機

つるぎ海軍の艦艇は軍需費削減のため、高価なアクリルケースの購入が不可能です。
従って、定期的な埃取りをしなければなりません。久々に信濃のメンテナンスと埃取りの最中、艦載機1機(艦爆「彗星」)のペラを破損させてしまいました。

そこで、破損した「彗星」に手を加え、離陸シーンを再現しようとポジティブ・シンキングにいきます。

まずは引き込み脚の差動の再現です。
DSCN1461_convert_20081130220317.jpg


ペラが回転しているような再現はエンビを円形にカットし、それ風にしあげます。
(ペラの警戒帯である黄色の色彩は再現していません。)


発艦シーンにはピアノ線を使用しましたが、フネに穴が開くのを嫌い、飛行甲板支柱のトラス状の穴に突き刺す形でセットしています。(航行時、電波を拾わないか少し危惧してます。)

DSCN1469_convert_20081130223334.jpg


「彗星」をセットして離陸シーンの再現です。実際の発艦状態では、起倒式アンテナは倒されますが、RC艦船ですので、運搬や接岸時、破損する確立が高く、アンテナは起こした状態で固定しています。また、発艦状態なので遮風装置は倒した状態です。
DSCN1472_convert_20081130225009.jpg

DSCN1470_convert_20081130225919.jpg


童友社の1/250航空母艦信濃には、2種類の艦載機が入っています。その中で、艦爆「彗星」はフォルムをよく捉えていると思われます。しかし、もう1機の艦載機は零戦と紫電改がミックスしたような機種不明の艦載機です。(たぶん零戦と思われますが・・・)
いずれの艦載機も組み立て時には、信濃本体と同様、パテ埋め、修整がかなり必要でした。
DSCN1465_convert_20081130232131.jpg


大和型である航空母艦信濃は、当時世界最大の航空母艦でありながら、艦載機が少数であることはよく知られています。gakkken帝国海軍艦艇集からスペックを読むと、計画搭載機は艦戦「烈風」24機 艦攻「流星」17機 艦偵「彩雲」7機とあります。

また、タミヤWL信濃のカラーガイドの説明文には「烈風」は前部格納甲板に格納し、「流星」を後部格納庫に格納する予定であったと記載されています。

発艦状態での走航が楽しみです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード