1/350エンタープライズ 駆動系の製作

我が電気力空母エンタープライズは、駆動系まわりの製作をしています。

>防水壁
プラ板とプラ棒での製作です。完璧な防水壁ではないので”セミ防水壁”といった感じです。

エディプレートや舵鞘周辺からの浸水(毛細管現象によるもの?)があるものとしての設置です。
実船では、船底(フナゾコ)に溜まった水や汚水を”ピッチ”と呼ぶそうですが、水が船体中央部まで及ばないようにする程度の対策です。また、防水壁はスタンチューブのブレ止めも兼ねています。
DSCN1337_convert_20081108134050.jpg


>ギヤベッド
シャフト(スタンチューブ)の長軸と、ギヤボックスの出力軸が一致するように、ベッドの高さや角度を調整しながらの設置です。

ギヤベッドは防水性と剛性が期待できるカバベニヤでが、所詮は木なので、防水処理としてエポキシを塗っています。
(RCプレーンを始めた頃、サンデーαの防火壁に、エポキシをドライヤーで熱しながら”鬼のように”塗りたくった事を思い出しました)。
DSCN1334_convert_20081108134911.jpg

>モーター  モーターマウント 
モーターは ABC180モーターを使用します。
モーターマウントは、(モーターの高さを合わせる為のベッドを介して)空中モーターベースを使用しています。これはブルーリボン用のパーツを流用しました。(CLS-111)


>ジョイント
クリッパーさんの強化スプリングジョイト(CLS-104)です。540モーターで駆動する1/200戦艦大和をはじめ、実戦配備中の全艦、これを使用しています。トラブルのない信頼のおけるアイテムです。
DSCN1335_convert_20081108140033.jpg

つぎはサーボ系の製作を予定しています。(モチベーションが高まった時に・・)

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード