おフネをもってドライブへ! 追加画像

おフネをもってドライブへ!の最終回です。ニチモ1/200戦艦大和を中心にアップします。
DSCN1164_convert_20081025004101.jpg

つるぎ海軍実戦配備中である大和は、総排水量約5キロ(内、鉄アレイによるバラストは4kg)を使用しています。
波浪によるバラストの荷崩れ(対策は施していますが)、最悪転覆も危惧していましたが、さすが大型艦(排水型)です。大きな波も、艦首を突っ込んで航行します。
操舵する自分に、心地よい緊張感がありました。
DSCN1151_convert_20081024220302.jpg


ニチモ1/200戦艦大和のキャッチコピーに”威風堂々”とありますが、それも頷けます。


IMG_4056_convert_20081024234440.jpg

IMG_4048_convert_20081024220702.jpg

IMG_4051_convert_20081024222227.jpg

ニチモ1/200戦艦大和はモーターとギヤボックスで機械的に測距儀と連動して主砲が可動します。これをサーボ使用に改良して、プロポによる無線操作としています。
IMG_4079_convert_20081024222921.jpg

DSCN1189_convert_20081025000031.jpg


主砲の発射は、レーダーと測距儀のデーターが、電算機に送られ、艦の揺れや風向き、地球の丸みまでも計算して、方向や仰角が決定されるそうです。艦橋トップの方位盤にある引き金を引くと、主砲が発射されます。
電算機といっても当時はデジタルではないでしょうから、その作業も大変だったのだろうと思います。
優秀な頭脳と技術をもつ日本海軍兵員だからこそ、なせる業でしょう。
参考文献:戦艦大和 超精密「3D CG」再現 双葉社


当日は久々に仕事を休み、まる1日遊ぶことができて、日ごろのストレスが解消されました。

プチ遠征をコーディネートしてくれたお友達、それと、お弁当を作ってくれた嫁さんに感謝します。


以上で作戦報告を終わります。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード