FC2ブログ

回天の島 大津島へ!その②

回天記念館
まずは敷地内の慰霊碑を参拝し、身を引き締めて回天記念館に入場しました。

20190903210547eda.jpeg
この施設には回天の歴史や基地での生活をパネル展示、また回天に関わる遺品 資料が展示されています。

館内は撮影禁止ね。

館内には搭乗員が生前に自らの思い、決別の言葉をレコードに記録した音源の再生装置が設備されており、
それを聴くと目頭が熱くなります。





記念館の近傍には回天1型(レプリカ)が展示されています。
20190903210548265.jpeg




回天1型のディテール
201909032105490a9.jpeg

20190903210550189.jpeg

20190903210613f08.jpeg



201909032106150b4.jpeg


2019090321070059f.jpeg

20190903210659a17.jpeg


2019090321061660a.jpeg

20190903210618115.jpeg



201909032107307db.jpeg



2019090321065741a.jpeg


2019090321065830e.jpeg

20190903210815418.jpeg




九三式酸素魚雷のエンジン•••終戦時海中投棄されたものを海底から漁業者が引き上げた実物
回天の推進装置
20190903210816ff7.jpeg

2019090321081879b.jpeg




魚雷見張り所
宇部沖に向けて発射される酸素魚雷の性能を観測するための施設。

鬣山の山道を登っていきます。
2019090321102631f.jpeg


道なりにどんどん登っていくと、コンクリートの朽ち果てた構造物、魚雷見張り所が現れます。
20190903211026090.jpeg

201909032110299b0.jpeg

20190903211026091.jpeg
資料によれば、大津島(馬島)の沖合いに戦艦大和が停泊、魚雷観測所から良く見えたそうです。



帰路

山道より馬島港を望む。
回天訓練基地の配置図から、この辺りは水上機の格納庫とエプロンかと思わます。
2019090321102740d.jpeg


時間の都合上 大津山に残存する12.7cm連装高角砲設置跡と指揮所跡を散策する事ができず、心残りながら
連絡船を待つ間、ネッコと戯れ
201909032110281bc.jpeg

大津島を後にしました。

おわり

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは

回転の古里に行ってこられたのですね。

私も一度は行きたいと思っていたのですが、なかなかチャンスがなくて・・・(>o<)

ねたさんの写真で行ったつもりになったりして・・


ところで、私もFC2ブログに引っ越してきました。
今後とも、宜しく御願いします。

No title

ゆきなつさんへ
おはようございます。
木曜日から研修でお江戸に来ています。

大津島にあっては以前より構想していましたが、今年の夏休みについに実行に移しました。あらためて英霊に感謝して生活せなあかんなぁ〜と実感しました。
FC2にご引越ししたのですね。これからもよろしくお願い致します。

No title

人間魚雷回天 改めて写真見ると 結構大きいのですネ。これに乗り組む乗員は、どんな気持ちだったのでしょうか。戦争の狂気を改めて思います。私は子供の頃「丸」と言う雑誌に夢中でした。記事を読み涙した事思い出します。

No title

kitchenplaza さんへ
おはようございます。いつも「ねた」のマニアックなブログへ足跡を残して頂きありがとうございます。

魚雷の眼となって1人で乗り込み、七生報国の鉢巻を巻いて祖国の為に死ぬ…今の日本があるのは英霊の方々のおかげですよね。 二度と戦争をしない為に、決して忘れてはいけない事だと思います。
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード