1/100 一等輸送艦 メカ積み ラダーリンケージ完了

ドライブ系
艦本式ギヤードタービンエンジンに代わる当工廠のエレキトリックエンジン、ブラシレスモーター(笑)
DSCN8857_convert_20170621155553.jpg


スクリューはキャップ部分が尖ったデザイン、ダイヤ30mmね・・・実艦はダイヤ3m、フォルム、縮尺ともにバッチリ!

DSCN8868_convert_20170621160403.jpg

実艦のスクリューの回転方向は前進面から見て反時計回り、逆ピッチ。
(通常、一軸推進のおフネのスクリューは時計回り)
模型船は反時計回りが正回転なので、製作中の一輸は実艦のソレ と同じ回転方向ね。

スクリューシャフトをユニバーサルジョイントでブラシレスモーター(シャフト)と連結
DSCN8886_convert_20170625145329.jpg




操蛇性を考慮して縮尺図より若干(適当に)大きめに製作

舵をこさえてから随分になるので過去画像
グラスクロスを張ってFRPでコーティング
DSCN9196_convert_20130513230900.jpg

サフを塗布する際にマスキングテープを治具にして、サフでパネルライン(段差)を形成
画像のスクリューは暫定設置
DSCN9217_convert_20130513231337.jpg

艦底色(クレオスNo29)で塗装
DSCN8870_convert_20170621160717.jpg


リンケージを済ませるため、サーボベッド(なんとなく買ったキャプテンさんのオリジナルを加工)や、メカデッキを任意の位置に固定
DSCN8885_convert_20170625144358.jpg

ピアノ線をZベンダーで加工してラダーホーンにリンク
DSCN8894_convert_20170625144648.jpg

サーボ側のリンケージはアジャスターストッパーでリンク
DSCN8887_convert_20170625145125.jpg



DSCN8899_convert_20170625150904.jpg
V型の断面から艦尾は真一文字の特徴的な構造 
製作にあっては、精図より”こがしゅうと”さんが描かれているイラストと、考察が大変参考になりました。

それにしても一軸推進機関は、敵勢海圏内で被弾、もしくは故障して脚が止まったらヤバいやろな〜
DSCN8889_convert_20170625145725.jpg



やっとのこさ、(バラスト調整すれば)ラジコン走行可能なフェーズまできました。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

進水間近!!


ねたさん、こんにちは。

倉敷でお目にかかれないショックはデカ過ぎですが、気を取り直して…

ペラカッコイイし、いよいよ実走可能フェーズまで来ましたね!

見たい見たい見た~い(爆)

時代はブラシレス…ちなみにKV値はいくつくらいですか?

No title

ジャスティスさんへ
気合いを入れていただけに瀬戸大橋に行けなくなった夜は、ちと寝つきが悪かったです。お会いする事ができずとても残念です。ごめんなさいm(__)m
やっと次のフェーズに入ろうとしています。装備については何処で妥協するかですが最低、弾包箱は作らなければと思っています(20個以上入ります)。後は、走らせながら発展させて行く段取りです。
モーターについては4年ぐらい前に事情を説明しキャプテンで勧められたモノをアンプと一緒に買いました。箱や取説は紛失しており、モーターラベルを見ると、おそらく930です。

No title

ブラシレスモーター搭載ですか(゜∀゜)

凄いですね。

韋駄天の走りが期待できそうですね。

早く走行しているところを見たいものです(*^。^*)

No title

ゆきなつさんへ
おはようございます^_^
コメントを頂きありがとうございます。
1軸推進なので、反トルクの影響が心配ですが、スケールライクに遊びたいと思います(^ー^)ノ
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード