1/350 エンタープライズ 船体の組み立て中

当工廠の製作スタンスはできるだけスケール感やディテールを崩さすRC化する事を目指しています。
ただRCへリや飛行機の経験上、電波の指向性の不安から受信機のアンテナは露出させないと怖いので船外へ導きます。

1005mmの船体は艦首部分で前後2分割になっており、金属ビスで船体をガッチリと固定する構造となっています。RC化への改造を考えると、接着剤だけの接合ではないので頑丈な固定が得られ安心です。
三角波で艦首が裂けることもないでしょう。(冗談)

前後接合部には当然ミゾが出来るので、ポリパテを盛って400 600 1000番のフィニッシングボードでサンディングを行います。画像は600番でサンディングしたあと。

左舷ビスヘッド(画像手前)はスポンソンで隠れますが、右舷ビスヘッドは船体から露出するため、スケール感を損ねそうです。
DSCN0655_convert_20080808213339.jpg

船体を組み上げると、キットの箱より大きくなります。船体のパーティングラインもラッカーパテを塗りつけた後、フィニッシングボードでサンディングを行いました。
DSCN0656_convert_20080808215733.jpg

大きさを1/250空母信濃(大和型)と比較した1/350エンタープライズの船体・・・でかい!
ちなみにエンタープライズ(ニミッツ)が登場するまで世界最大の空母はわが国 日本の信濃であることは言うまでもありません。
DSCN0666_convert_20080808222119.jpg


テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード