Hasegawa ドクダーヘリEC-135 完成

中断していた長谷川(ポーランド製キット)のドクターヘリ EC-135(模型は日本製に限ると思いつつ)を完成させました。

パイロットとフライトエンジニアは、ジャンクパーツより流用し、
機首にあるピトー管と、テールブーム左翼側アンテナを真鍮に換えた以外は素組み。
カラーリングはフェネストロンの遠位部、垂直安定板をモンザレッドで塗装し、それ以外はデカール。

PCで「徳島県立中央病院」と機体ナンバーのデカールをつくって、お世話になっているJA824H号機としました。

徳島県立中央病院 屋上ヘリポートにて
IMG_0034_convert_20150509085014.jpg




DSCN3251_convert_20150506215403.jpg


DSCN3257_convert_20150506215943.jpg

DSCN3271_convert_20150508062623.jpg


おまけ
こちらは海上自衛隊鹿屋航空基地 第211教育航空隊のTH-135(EC-135)
海上自衛隊小松島航空基地にて
img_7.jpg

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

ついに完成したんですね。
ピトー管など金属製部品への変更だけでなく、キャビン内の見えないところも作り込んでいるあたり、ねたさんのこだわりが感じられます。

ピトー管、これって色、形、装備位置から、どう見ても機関銃だと思(ってしま)います。
ドクターヘリが武装しているはずないのですが…。

いつもコメントを頂きありがとうございます。

海の男さんへ
お疲れ様です。
裏地の生地にこだわる江戸っ子と同じですかね~ ありがとうございます。

幼いころ、ピトー管の存在を知らなかった「ねた」は、まさに機関銃だと思い、襲われたときの武器だと思っていました(笑)

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード