Hasegawa 1/72 EC-135 フィギュア載せてみた。

先日のつづき
パイロットとフライトエンジニアをコックピットに搭乗させました。フィギュアは1/72MV-22B オスプレイのキットからコンバート
頚部(頭部)が別パーツとなっているので、頚部を回旋させて動的な動きを一応表現。
いや~フィギュアがちっちゃすぎて、塗装はコレが限界でした。ますます眼の退行変性がすすんでいるようです(涙)

フィギュアのスーツのカラーはJA824Hのフライトマンを参考に・・・
DSCN1843_convert_20150211165604.jpg


DSCN1848_convert_20150211170419.jpg

EC-135はツインエンジンですが、2つエンジンがある機はフライトの際、とても安心感があるようです。
以前UH-1のパイロットの方とお話しする機会があり、エンジンが一つしかないUH-1で海上を飛ぶのは正直不安はあった。と、言ってました。ちなみにその方、今はUH-60に乗ってます。

つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

バイザーの塗装がリアルですね!
私は小学生の時、田宮の1/35のドイツ兵に塗りかけの途中で挫折した口です。

No title

海の男さんへ
いつもコメントを頂きありがとうございます。大変嬉しいです\(^o^)/
1/72ともなると流石に小ちゃく、塗装に苦労します。
唯一、バイザーで顔や眼の塗装が無いだけマシでした。
海の男さんも1/35のミリタリーシリーズ作りましたか〜
スケールが大きい分、顔や眼の塗装に気が抜けず苦手なので、避けて通りたい鬼門です。
失礼します。

No title

こんばんは。
ヘリの窓配置だとパイロットがいるととてもいい雰囲気になりそうですね。
EC-135、あまりよく知らなかったのでちょっと検索したんですが、メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム時代に開発開始ってドイツの名門の血を引いている機体なんですね~。

No title

パテ埋め地獄さんへ
こんばんは、ご無沙汰しております。コメントを頂きありがとうございますm(_ _)m
ユーロコプタータイガーと言えばパテ埋めさんもよく知っていたのではと思います。
そのユーロコプター社のヘリでフェネストロンのテールが特徴です。
メッサーシュミット!ドイツの名門の血を引き継いているんですか!知りませんでした。ルーツを調べて頂きありがとうございます。製作意欲も上がります\(^o^)/
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード