広域緊急援助隊の訓練

平成26年度徳島県南部防災訓練にて、警察組織である広域緊急援助隊(広緊隊)の救出救助訓練をはじめて見学することができました。

広緊隊は警察に組織された特殊部隊で、大規模災害に全国から参集する災害対策のエキスパートチームであり、
東日本大震災へは、各部隊が被災県へ出動し、救出救助・行方不明者の捜索、緊急交通路の確保・交通規制、ご遺体の検視等の重要な活動を行っています。


隊員は、機動隊員、管区機動隊員、交通機動隊員及び高速道路交通警察隊員の中から、災害警備に対する能力、体力、気力などを備えた者が選考され、徳島県は平成24年11月に新設されています。

車内に2名の傷病者を確認 救出救助活動中の広緊隊
<DSCN1681_convert_20141209134428.jpg


DSCN1686_convert_20141209134238.jpg

外傷病院前救護 パッケージング中
DSCN1692_convert_20141209135017.jpg

以上でした。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

こんばんは

広域緊急救助隊。
正直知りませんでした(-_-;)!しかし災害救助などでは欠かせない人たちですね、ぜひこうした組織があることもっと知らせて欲しい気がします。
それにしても広緊隊大活躍、という事態にならないよう願いたいものですよね^^。

No title

見張り員さんへ いつもコメントを頂きありがとうございます。
東日本大震災の教訓を元に創設された新設部隊で、存在は知っていても実際に活動を見たのははじめてでした。即応できるためには日々の訓練は必要ですが、確かに広緊隊やレスキュー隊 救急隊 DMATなどが大活躍にならないように願っています。
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード