イ19潜水艦 防水対策

ハルと船体上部の接合は艦底より50mmのネジが貫通し、プラパイプの鞘をガイドに、ナットにセットされる構造としています。
万が一、ネジ部より水が浸入しても鞘の高さで防水性を高めています。あらかじめ鞘の中にはグリスを充填しています。
DSCN0152_convert_20080723222635.jpg

ハルの船体接合部分はPカッターでミゾを作り、ミゾを中心にバスコークを薄く塗り込むことで防水性を高めました。上部船体接合部には薄くグリスを塗ります。
DSCN0153_convert_20080723224822.jpg

50mmのネジにはテトラのOリングを用いてパッキンとしてます。
DSCN0155_convert_20080723225702.jpg

週末都合がつけば、クリッパーさんのテストプールでいよいよ公試運転予定です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード