戦艦霧島 15cm副砲の製作開始

いつ完成するかわからない戦艦霧島のアップです。

戦艦霧島には16門の副砲が装備されています。
第1次改装当時は、副砲上部にもケースメイトがあり、その前縁まで上甲板のひさしが形成されていますので、これを再現していきます。

円形にカットした航空ベニヤ(3mm厚を2枚重ねて)を副砲基部とします。
DSCN0051_convert_20080714221312.jpg


副砲シールドは樹脂パイプをカットして参考文献を基に形成。
DSCN0058_convert_20080714222447.jpg


この状態ではシールドにメリハリがないので、evergreen平棒(0.25×0.5mm)でモールドを形成DSCN0103_convert_20080714224040.jpg


副砲のシールドを16基、しかも個体差なく製作するのは困難なので、後日レジンで大量生産する予定です。
当工廠で、製作することのできない砲身は小西製作所さんより購入済みです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード