SPRINGER TUG なると

"SPRINGER TUG なると"は、船体の下地形成です。


上手く仕上げたつもりでもサフェーサ―を塗布すると、アラが如実に目立ち、ちょっとテンション下がり気味。


日本人は服の裏地にこだわる文化だそうですが、塗装(模型)の出来は下地作りにかかっているので、地道に下地作業をつづけます。(ちょっと例えがちがうか???)


アラが目立つところを中心に船体全体にパテを擦り込んでいきます。
DSCN8108_convert_20120714233830.jpg


で、水砥ぎを番目を換えながらシャコシャコとやっちゃいます。




DSCN8110_convert_20120714234509.jpg

再度サフェーサ―を塗布して、微小なキズや凹部をチェックしてパテ埋めして水砥ぎ。

DSCN8186_convert_20120717003504.jpg


仕上げのサフェーサ―を塗布し、肌がプラスティック様になるまで水砥ぎして下地完成!(^^)!



このままLCMとして通用するカモ(^◇^)
DSCN8189_convert_20120717003853.jpg


DSCN8190_convert_20120717004621.jpg

DSCN8192_convert_20120717004129.jpg


つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード