QB BOATをつくる16

製作の続きです。

ファンネルというよりは、「サイレンサー付きのエキゾーストパイプ」(以下エキパイと略す。)かもしれません。

主体はアクリルパイプ(真鍮線を入れる容器)、マジックペンの本体、そしてストローででっちあげます。
DSCN6771_convert_20110822205258.jpg



脆弱なストローなので、劣化や破損の際には交換できるよう接着固定しません。

アクリルパイプ(ストロー)近位部は、ハル内と交通するので、ここからアンテナ線を導く予定です。



エキパイ自体もキャビンを介して着脱可能にする事で、利便性とキャビン固定の一助とします。

DSCN6778_convert_20110822205618.jpg

エキパイ基部のストッパー(ジャンクパーツを加工)、サイレンサ―にもリベットをつけてスケール感を演出します。(サイレンサ―部分のリべッティングは後日)

DSCN6774_convert_20110822211629.jpg

次回は電装関係の製作に移ります。

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード