Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

タミヤ1/70 APOLLO LUNAR SPACE CRAFT "司令船" 

司令船(Command Module)

お馴染みの円錐形のモジュールです。
RSCN6019_convert_20110328000100.jpg
コックピット及び宇宙飛行士の居住スペースとして機能します。

明治製菓のアポロチョコの由来となってます。
「ねた」のアポロ系のおやつ? と言えば、グリコのオマケです。
確か、ちっちゃな円錐形の司令船には扉があり、扉の内側に一体形成させた宇宙飛行士が付いていたと記憶しています。


司令船内側底部
ウッドブラウンで塗装し、配線とパネルをグレーで塗り分けます。
DSCN5923_convert_20110327190634.jpg



モジュール内側とコクピット
コントロールパネルは実際のモノとまったく違います。でも40年以上前のキットですので”ヨシ”としましょう。
せっかくモールドされているのでライトグリーンを基調に違和感のない配色で塗り分けました。
DSCN5989_convert_20110327190907.jpg



宇宙飛行士
ネットから画像を検索して塗装します。
3つの座席は左から船長、司令船操縦士、着陸船操縦士の順です。
DSCN5988_convert_20110327191238.jpg
小学生の頃テレビで観た映画”ライトスタッフ”では、宇宙飛行士を「うちゅうパイロット」と呼んでいて、子供ながら「カッコ悪い呼び方だな~あ」と、違和感を感じたのを覚えています。

DSCN6014_convert_20110327234856.jpg



実際の船体のカラーは鏡面仕上げのピカピカなシルバーなので、クレオスから新発売のスーパーメタリックを使ってみました。
DSCN6000_convert_20110327235319.jpg


船体をサフェーサーで下地を整えてグロスブラックで塗装し、コンパウンドで磨きたおしてスーパーメタリックを塗装です。
RSCN6013_convert_20110327235444.jpg



船体を慎重に組んで司令船のモジュールが完成です。
DSCN6032_convert_20110328212637.jpg




司令船の出入り口は開閉します。
DSCN6024_convert_20110328000733.jpg


窓は、キット付属の透明プラ板を使わず、0.2mm厚の塩ビクリヤを張りました。
透明度が増し、宇宙飛行士がよく見えます。
DSCN6025_convert_20110328001039.jpg

次回は月着陸船の予定です。

category: タミヤ1/70 アポロ宇宙船

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadriseps.blog71.fc2.com/tb.php/266-e2094a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)