”女王陛下の魚雷艇” 実戦配備

”女王陛下の魚雷艇”タミヤ1/72VOSER PERKASA が実戦配備されました。

公試が理由もなくのびのびになっていましたが、5月走航会がトリガーとなり、ウズウズしていた「ねた」は久々に水際公園へ出撃です。今回娘は同伴していません。

VOSER PERKASA
20100530_103738_convert_20100530211225.jpg
主要データー
排水量:95 トン
全長:30m
全幅:7.8m
武装:40mmボフォース対空機関砲×1
20mmエリコン連装対空機銃×1
53.3cm魚雷×4(サイドランチャー×4)
主機関:ロールス・ロイス・プロテウス1270ガスタービン×3
出力:4,250馬力(12,750馬力)
補助用機関:ジェネラルモータースV71 ディーゼル×2
発電機:ローバー1S/60ガスタービン×2
最高速度:54ノット

きゅいい~んん!!
20100530_102522(004)_convert_20100531215858.jpg


20100530_103347(004)_convert_20100530205403.jpg

しゅぽっ!しゅぽっ! っと気持ちだけでも魚雷発射・・・
20100530_103347(002)_convert_20100531221749.jpg


20100530_102522_convert_20100530210311.jpg

ミッションを終了し帰還・・・微速前進で接岸中
20100530_103053(003)_convert_20100530211658.jpg

模型の排水量はバッテリーを搭載して、ちょうど400gに仕上がっています。
バッテリーは手持ちの8.4V300mAhニッケル水素バッテリー(かなりヘタってます)なので軽量ですが、放電時間が犠牲になっているのは否めません。現在リチュウムポリマーを使うべきか思案しています。
DSCN4929_convert_20100530215220.jpg
船体の上部甲板が載る”棚”は増設しバスコーク処理を施しています。
走航終了後浸水をチェックしましたが、船体内部は濡れていなかったので、バスコークが良い仕事をしているようです。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード