1/350タミヤ 戦艦武蔵 船体製作中

船体塗装
軍艦色は、定番のクレオスMr.カラーNo32、艦底色はNo29です。


モノコックボディの船体は、メリハリが出るように窓蓋を明るめのグレーで塗装し、軽めにウエザリングを施して船体塗装の完成です。

DSCN4924_convert_20100523175055.jpg


DSCN4911_convert_20100523160715.jpg


余談ですが、書店で立ち読みしたデアゴの”赤城”では、クレオスMr.カラーNo32、No29が指定色になっているんですね。というか模型製作材料ってすべてクレオスでした。



グリスボックスの製作
キットのグリスボックスのパーツ(天蓋)にはグリス注入孔があるので、この孔を形成してノイズレスパイプでニップルをつくります。
DSCN4917_convert_20100523172008.jpg


ノイズレスパイプの両側遠位端は抜け止めのフレアをつけて瞬着で固定、シリコンパイプを介して栓(ノイズレスパイプの遠位端を熱して潰したモノ)をして完成です。

DSCN4905_convert_20100523171054.jpg



グリスボックス船体内側の開口部
DSCN4910_convert_20100523171556.jpg


船外エディプレート開口部はハトメがフィットしないので、一旦プラパンで開口部を塞ぎ、改めて穴を開け直して無駄穴をなくしています。
DSCN4907_convert_20100523170345.jpg

次回はモーターとギヤボックスの設置の予定です。
s

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード