タミヤ1/350戦艦武蔵 起工

タミヤ1/350戦艦武蔵を起工しまた。

基本的には素組みで、コンセプトは”お気軽/お手軽”ですが、吉村昭 著「戦艦武蔵」(新潮文庫)を読んだ以上は、丁寧に作って行きたいと思います。
このキットはディスプレイモデルですが、船体にはモーターライズの名残があり、モーターマウント等も不要パーツとしてセットされています。・・・ので、これを使います。
DSCN4671_convert_20100412191152.jpg


幸いジャンク棚に戦艦大和/武蔵用の4連ギヤボックスがあるので、今回はギヤボックスを自作する事は無く、建造期間を大幅に短縮する事ができそうです。

で、製作に入ります。
先ずは、船体のパーティングラインのサンディングと、ヒケ(バルバスバウ部)のパテ埋め(パテ埋めの工程はすべてエポキシパテとラッカーパテを使用しています)。
DSCN4664_convert_20100412192215.jpg

舷窓はメリハリをつけるためピンバイスで深く抉ります。

ブラケットは、シャフトがギヤ軸に一致しするようにアライメントを整え固定します。

同時に船体とブラケットの隙間をパテ埋め。

DSCN4669_convert_20100412201250.jpg


グリスボックス開口部は、ミニ4駆用のハトメでカラーを作り、シャフトのガイドとします。
DSCN4668_convert_20100412201719.jpg

次回はパテ形成、サフェーサー塗布を繰り返して下地処理を行います。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード