ITALERI 1/35 Schnellboot crew

RCとして走航するSボートですが、幽霊船と区別するために”1/35Sボートクルー”(1/35 Schnellboot crew)のキットを作ります。
キットはガネットさんで通販購入しました。
DSCN4385_convert_20100128185242.jpg


「ねた」は1/35フィギュア の製作は初心者ですので、経験値アップも兼ねてます。


キットには”指揮官” ”無線士” ”装填手” ”射撃手” ”甲板を歩く兵員”等の10体がセットされていますが、船体の動的な動きに違和感のないようなポーズのフィギュアを使います。
DSCN4382_convert_20100128185801.jpg


ちなみに、実艇の定員は参考資料によれば24名となっています。


このうち1体(37mm高角機関砲で双眼鏡を保持する兵員)は、ど~しても艦橋トップに配置したかったので、ポーズを微妙に改造しました。

少学生の頃、月刊ジャンプに連載していたプラモデルの製作テクニックを思い出します。
DSCN4381_convert_20100128192159.jpg



・・・で、塗装なのですが、いや~フィギュアの色彩って難しすぎます。

「ねた」が塗ると、”目がいっちゃってる系”や”平安朝系”の面になったりと、四苦八苦して何度もやり直し「まっいいや~」と最終的に妥協です。

タイトル「無線士とゆかいななかまたち」
DSCN4402_convert_20100128194041.jpg



指揮官のキャップのトップカラーはホワイト(夏用のキャップ)で塗装しました。なんでも冬期でも夏用を着用するのが、好まれていたようです。

日本的な表現をすれば「粋だね~え」という言葉が適しているのでしょうか?
DSCN4386_convert_20100128194712.jpg

映画U Boot やUボート最後の決断(題名どおりのストーリーに「そのまんまやん!」ってツッコんじゃいました。)でも艦長のトップカラーはホワイトでしたね。



DSCN4394_convert_20100128201326.jpg

DSCN4398_convert_20100128213936.jpg



20mm高角機銃射撃手は左舷魚雷発射管近位に配置換え
右舷”甲板上を歩く兵員”は説明書とおりの位置へ配置
DSCN4397_convert_20100128200640.jpg

クルーの甲板への固定は真鍮線を突き刺して着脱可能としています。

なんだかイタそ~お~
DSCN4400_convert_20100128195146.jpg

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード