Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

1/72ボスパーペルカサ 船体塗装とメカの搭載 

船体の塗装は説明書通り、船体をミディアムシーグレー(AS-11)、艦底をダルレッド(AS-33)での塗装です。

つるぎ海軍工廠造船の艦底色は全艦クレオスNo29を用いていまいしたが、今回初めてダルレットを使用しました。

メーカー指定の艦底色となりますが、クレオスNo29と比較してダルレッドは鮮やかな色彩なんですね。
DSCN4342_convert_20100116190338.jpg


実艇の船体は木材が主体で、マホガニー、カナディアンロックエルム(硬くてショックに強いニレの木で、ハードエルムとも呼ばれているそうです。)の合板が使われています。また接合はメタルを使わず化学接着剤を使用することで軽量化を図っています。タミヤ 1/72ボスパーペルカサ 説明書より



メカ積み
さくさくっとメカ積みしました。
アンプは飛行機用なので、ソフトスイッチでパワーオンとなります。当然バック機能はありません。
後進は艦尾から水中に潜り込みそうな雰囲気があるので、バック機能は最初から考えていません。(ちょっと言い訳・・・汗)

DSCN4346_convert_20100116190649.jpg


DSCN4343_convert_20100116190954.jpg



ジョイント
ジョイントはいつものクリッパー商会オリジナルの強化型スプリングジョイント (クリッパーCLS-113)。
大トルクにも耐える事ができるので、トラブルを未然に防ぐ事ができます。

スラストベアリング
モーターとスプリングジョイントの間隙にスラストベアリング(タミヤ AO-5016)を介在させます。
ダイレクトドライブなので、シャフトにかかるスクリューの推進力を、モーターの手前で逃がすのが目的です。

これにより、モーターの異常な発熱や駆動ロス(パワーロス)を軽減し、ひいてはモーターの寿命を長持ちさせる事ができます。
DSCN4338_convert_20100116223107.jpg



ラダーはオリジナルの約1,5 倍の大きさにフルスクラッチ。
DSCN4341_convert_20100116223413.jpg


甲板部も木材で形成されており、劣化を防ぐためにナイロン樹脂でコーティングされています。タミヤ 1/72ボスパーペルカサ 説明書より

甲板部の塗装は暗緑色(AS-21)。
DSCN4379_convert_20100117194554.jpg

あとは模型的に製作をつづければ完成となりますが、寒さで作業がすすみません。

category: タミヤ1/72 VOSPER PERKASA

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://quadriseps.blog71.fc2.com/tb.php/176-cb9faef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)