1/35 Sボート 艤装中

現在我がSボートは上部構造物を含め艤装中です。

Sボートシリーズ後期型の特徴の一つである高前甲板。何だかごちゃごちゃしているのがいい感じです。

DSCN3762_convert_20090917203222.jpg


弾倉は機銃座(通称タブ"浴槽"と言うらしいです)を中心に円を描くように設置します。接着位置を示すケガキは無く、中心線を測って前後、左右の位置を決めて接着していきます。
(日本製のインジェクションキットではこんな手間はいらないでしょう。)
DSCN3757_convert_20090917203909.jpg


実艇の艇首内部は、タブを基準として近位部に下士官用の居住区があり、タブに交通しています。また、艇首遠位端付近に、洗面所と便所があります。


キットのアンカーはヒモで結索しますが、ジャンクパーツから模型用チェーンを流用しました。
アンカーと槍先?の塗装はクレオスのダークアイアンを塗布してガーゼでシコシコ磨いています。
DSCN3761_convert_20090917204544.jpg


このキットの説明書はグラフィックで、組み立て時の構造が3次元で理解できます。

しかし、パーツの意味する固有名詞の明記がなく、(パーツナンバーだけ)制作過程で、知識不足から”いったい何のパーツを組み立てているのだろう???”と思う事が多々あります。

これには、「模型をつくる楽しみ」に欠ける感があるように思えます。(軽いストレス)
つくづく日本の模型メーカーの”親切さ”あるいは”良さ”を実感しています。日本製インジェクションキットが懐かしく思えてきます。


たとえば、タンクらしき構造物は何なんだろう?どんな機能があるのだろ?

廃煙装置?換気扇? 昔、近所の家の便所らしき付近でよく見かけたフォルム。
DSCN3766_convert_20090917205013.jpg
なにはともあれ、塗装と艤装を続けています。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

魚雷艇

ねたさん、お疲れさまです。いよいよ出撃が近づいてきましたね。そういえば、昔映画でJ.FKが乗った魚雷艇PT○○?を見た記憶がありますが、魚雷艇の形状は各国似通ってくるのでしょうか。

できてきましたね

上部構造物が順調に進捗してますね!

うらやますぃ~

当方あさっては信濃+初月で参加することにしました。

ちょっと「1/100あたご」にショックを受けて進みません…(大嘘)

量販店でリンドバーグの伊-53見ましたよ!

確かに箱絵だけみると童○社の匂いがします…「自動浮沈!」みたいな(笑)

いつもコメントありがとうございます。

v-108筋肉おやじさんへ
おはようございます。
J.FKは魚雷艇PT109ですね。映画になっているんですか?知りませんでした。
>魚雷艇の形状
「ねた」は詳しくしりませんが、魚雷艇は高速で走らなければいけないので、自然に船底の形状は似てくるでしょうね。

v-108ジャスティスさんへ
おはようございます。
Sボートはぼちぼちです。メンテナンスハッチの事を思うと気が思いです。

DDってあたごだったんですか!

>イ53
”童○社の匂い”いい表現というか、全てを理解できる表現ですね。(笑)

走航会お互い絶好の気象条件であればいいですね。
お手数ですが画像等あれば送って頂ければ嬉しくおもいます。
ブロクでアップさせて頂きたく思います。

失礼します。

ちなみに

あたごではないです(汗)

魚雷艇の船体ですが、アメリカ系とドイツ系はかなり違いますね。

1/72でボスパーとSボートを作り比べた感想から言えば(笑)

ドイツ艇のほうが細長く、丸底です。ボスパーはディープV型?いわゆる普通の

モーターボートみたいなカンジでしょうか。

太平洋の島々と、ドーバー海峡・バルト海の気象条件の違いに由来するのかも

しれません(自信なし。適当なこと言ってます^^;)

明日はまたウチのコには厳しい条件のとこみたいなので、慎重に作戦してきます。

ねたさん、今晩は。ボスのクリニックは超順調で、放射線技師に来て頂ければ、患者さんの診察に時間をかけられるとの事で、来年に向けてのテーマとなっています。
ところで、おやじが子供の頃見た映画はねたさんご指摘の通り「PT109」(日本名、魚雷艇109)だったようです。ワーナーブラザース配給、監督、レスリー、H、マーティソン、主演はクリフ、ロバートソン。親父の不確かな質問で、PT109の型式が出るとは、さすがです!
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード