Sボート スタンチューブ ブラケット取り付け作業

Sボート、推進器周辺の製作です。

実艇は3軸推進機構で走航します。
(3軸推進機構は、戦闘などで機関や推進器が破損しても、残存する機関と推進器で走航が可能です。)



実艇と同様に、模型を3軸推進で製作したいところですが、当工廠では2軸推進機構で造船を進めています。決して手抜きではありません。

スタンチューブはクリッパーさんのオリジナル・スタンチューブ(受注生産品もしくは試作品)です。

このスタンチューブは、φ8ステンレスパイプの両端にジュラコン製軸受けをセットし、ノイズを軽減しています。また、グリスニップルを設けているので、メンテナンスも容易です。
RSCN2751_convert_20090510183327.jpg


スタンチューブを船体に固定して、バカ穴はポリパテで埋めて形成。
実艇同様に補強板をプラ板でスクラッチ。
DSCN2758_convert_20090510184117.jpg

スタンチューブにシャフトを通してから、Vブラケット(RABOESCH)のアライメントを調整して固定。
シャフトはK&S60ヘリ用のスタビライザーバー。
推進器のダイヤは30mm です。
RSCN2766_convert_20090510202628.jpg

次回はVブラケット周辺のパテをサンディングして形状を整えます。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード