イタレリ 1/35 Sボート RC計画発動

艦船模型(インジェクションキット)に RCを搭載し、”自由自在に走航させる” 実に面白い!

という事で、以前から気になっていたドイツの魚雷艇”Sボート”を製作します。
(またしても、霧島は放置プレイとなってしまいました。)


イタレリ 1/35 Sボートは大戦後期のモデルを再現しており、トーチカを連想させる装甲艦橋、高前甲板型が特徴です。カッコいいぞ~!

SボートのSはドイツ語のSchnellboot(シュネルボート 魚雷艇)の頭文字です。また、連合軍からは、Eボート(Enemy Boat)と呼ばれていたそうです。よってSボートとEボートは同意語となります。

Sボートは驚異的なスピードを生かしてUボートに次ぐ撃沈成果を記録しているそうです。

DSCN2345_convert_20090402212457.jpg

仕様を参考書籍から引用すると
全長 35m
全幅 5.3m
排水量112トン
最高速度 39ノット 72 km/h
航続距離 700海里 1292km
乗組員 24人
武装 魚雷発射管2基 魚雷4本  20mm高角機関砲3門  37mm高角機関砲1門
    

ラジコン化にあたっては難問もたくさんありそうですが、楽しく作って行きたいと思います。

船体は左右船体パーツを矢状面で、梁を介してボルトオンで固定する構造となっています。
細身の船体と船底形状は、いかにも高速艇である事を物語っています。
DSCN2351_convert_20090402213809.jpg


組み立て説明図は、立体的なグラフィック画です。
DSCN2350_convert_20090402214644.jpg


キットには小冊子が付属しています。
Sボートの構造や戦歴・エピソードなどを当時の写真を多用し、エッチングの曲げ加工のコツも含めて解説しており、製作意欲も向上します。

この小冊子だけでも価値があると思います。
DSCN2347_convert_20090402215201.jpg

DSCN2352_convert_20090402215638.jpg

DSCN2353_convert_20090402220234.jpg

参考文献
Schnellboot typS-100 photographic reference manual ITALERI
ゴードン・ウィリアムソン著 手島尚(訳) ドイツ海軍のEボート 1939-1945 オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の軍艦 イラストレッド 3 大日本絵画

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード