FC2ブログ

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車

今年も残すところ2日となりしましたが、年末年始のお休み(平和な年末年始であれば!ですけどね)を利用して↓を作る事にしました。
2020122718300094e.jpeg

因に香川県善通寺市の駐屯地には61式戦車が屋外展示されています。いつでも見て触れることができるや!と思っていた事もあり、手持ちの参考画像は↓の一枚だけでした。
コロナ禍で越境も憚られ、たくさん画像を撮っておけばと悔やまれるとこです。
20201227182730d36.jpeg

老舗キットのためかバリや合の悪さが若干ありましたが、わずかな修正でストレスを感じる事なく組み立てています。

ドアスコープのレンズは省略されているので透明プラバンを用いてでっち上げね。
20201229201917cc5.jpeg

各パーツを取り付けて、サフェーサー(クレオス マホガニ)を塗布
2020122920191997c.jpeg


砲塔
こちらもスコープに透明プラバンを仕込みます。
202012292019207c1.jpeg

鋳造表現を溶きパテで再現ね。
20201229201922399.jpeg


砲塔にサフを塗布して今ココ↓
2020122920192383f.jpeg

つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

AOSHIMA WL 1/700 特型潜水艦 伊-400 完成

AOSHIMA WL 1/700 特型潜水艦 伊-400 完成 

手すりなどエッチングパーツを付けたいところですが、ろーがんや技術も伴わないのでそのままね。
唯一、火器をNano Dreadのプラスチックパーツにコンバート。


呉海軍工廠で昭和19年12月30日起工
ウルシー泊地攻撃のため出撃するが終戦により作戦中止
8月29日金華山沖で米駆逐艦ブルーに捕獲され、昭和21年6月にハワイ近海で海没処分。
20201218183753c4c.jpeg


基準排水量 3.530トン
全長  122メートル
最大幅  12メートル
速力  18.7ノット(水上)  6.5ノット(水中)
兵装  40口径14cm単装砲1門
25mm3連装機銃 3門 
25mm単装機銃1門    
    53cm魚雷発射管 艦首8門魚雷20本
艦載機 3機
202012181837519d4.jpeg


20201218183748fa5.jpeg


いつものダイソーのディスプレイケースに"なみいたくん"を敷いて収納
20201218183755413.jpeg


おわり

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

AOSHIMA WL 1/700 特型潜水艦 伊-400 その②

司令塔を船体に設置
20201216194436686.jpeg

説明書が示す位置にデカールを貼付け。 
(ここは黒キャンパスに白地の艦名 国籍マークのデカールが欲しいところですがキットには付属せず)
20201216194434fff.jpeg

火器にあってはファインモールド Nano Dreadのプラスチックパーツにコンバート 空中線支柱は伸ばしランナーで自作予定

艦載機 晴嵐の組み立て 塗装
20201217134548b81.jpeg


20201217134550ff9.jpeg

つづく 

AOSHIMA WL 1/700 特型潜水艦 伊-400

AOSHIMA WL 特型潜水艦 伊-400の製作ね。

幼少の頃 日本テレビの番組 木曜スペシャルで伊-400潜の特集があったな〜 と思い出しながら製作です。
202012081831478bf.jpeg


船体パーツは二分割、左舷と右舷の船体を正中で接着
202012081831480cd.jpeg


左右を接着すると艦首の遠位端が分厚く感じたので鋭利にサンディング。
20201208183152c46.jpeg

甲板は別パーツ 
甲板塗装にあっては説明書どおりガルグレーで塗り分け。識別帯 格納庫はフラットホワイトで予め塗装
20201208183150a45.jpeg

司令塔 格納筒内側の塗り分け
202012091904294c8.jpeg


司令塔 格納筒を組み上げると、それぞれ合わせ目が目立つのでパテ埋め修正が必要やね。

2020120919420475c.jpeg

今ココ↑

つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

呉艦隊RC艦 走航会と1/144 二等輸送艦の製作

お仲間のミチシルベさんが呉艦隊(主として戦艦プラモデルをRC化、大和ミュージアムに隣接する大和池限定で走航会を楽しむ会)の動画をリニューアルしYouTubeにアップされたので、当工廠でもリンクさせて頂きます。

ミチシルベさんありがたし!

俺等は2018年に1/100スケール フルスクラッチの一等輸送艦(以下一輸と略す)を持ち込み参加。
これが一輸の初陣となりましたが、当時の様子も収録されています。


早くコロナ渦がおさまり、グレードアップした一輸を大和池に持ち込みたいものです。

この動画がトリガーとなりフルスクラッチで製作中の二等輸送艦(以下二等輸と略す)の建造ね•••と、言っても船体の地味な下地づくりです。
ここを疎かにするとスケール感が台無し、製作意欲も低下するので根気よく作業を行います。

FRP +マイクログラス巻きの状態で長らく放置プレイ•••完全硬化でカリッカリに!
20200913191632e3c_convert_20201202223431.jpeg


ヘラを使ってポリパテをうす〜く均一に擦り込んで行き、硬化後サンディング 
気に入らない箇所やキズはラッカーパテを盛って修正
20201124184832af8.jpeg

サフェーサーを塗布してミニマムな凹みやキズをチェックしてパテ修正を数回実施 

20201124184843e82.jpeg

最後は仕上げ用サフェーサーを塗布して細目のフィニッシングペーパーで柔和にサンディングして完成 
20201204155236e5c.jpeg

2020120415524132a.jpeg

二等輸にはビルジキールが存在しません。
この艦底構造で外海に進出していたのだから、めちゃ揺れた(ローリングした)事でしょう・・・
て、事は模型船であっても、わずかなウネリで安定しないことを察して知る事ができます(汗)

20201204155238276.jpeg

20201204155239832.jpeg

次回はエディプレートと接岸用肋材 通称「ゲタ」の製作予定ですが、寒くなってきたので気が向いた時にとりかかるとします。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード