Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

タミヤ1/350戦艦武蔵 現在の状況 

マスキングとエアブラシでの塗装を繰り返しながら、我が戦艦武蔵は上甲板(クレオスNo.44タン)と上部構造物(クレオスNo.32軍艦色2)の塗り分け作業が終わったところです。
DSCN5198_convert_20100726214330.jpg


やっとのこさ、フネを建造する作業が今以上に楽しめそうです。


作業甲板はセメントがコーティングされていたようなので、明るめのグレー(クレオスNo.31軍艦色1)で塗布することで表現し、夜間通行帯はタミヤカラーNATOブラウンを使いました。

戦艦武蔵の夜間通行帯は、パイロットが上空から大和と識別するために平行に設けられていたようなので、同じように再現してみました。
DSCN5197_convert_20100726215547.jpg



現在、我が工廠には「筋肉おやじ」さんの戦艦大和がドック入りしています。

この大和は上部構造物はタミヤ呉海軍工廠色、木甲板はタミヤカラーデッキタンを使っています。

実際の木甲板は台湾檜が使われていたそうですが、両艦の甲板色を見比べると、檜の色彩は個人的に、タミヤカラーのデッキタンがイメージ的に合っているような気がします。
DSCN5200_convert_20100726222023.jpg

建造を楽しむためのアイテムとして森 恒英著 軍艦雑記帳を「フム」、「フム」と読みながら作業をすすめています。
ちなみに、この書籍より木甲板の目的を引用させて頂くと、

乗組員の足の疲労を防ぎ、外気温度の変化を和らげること。
甲板下面に湿気がたまるのを防ぐこと。
足音を静かにして居住区を快適環境にすること。
鋼板のたわみを防いで船体の強度を増すという効果があるようです。

ん~奥が深い。

完成に向けて建造を進めていきます。

category: タミヤ1/350 戦艦武蔵

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

7月夜間走航会 ITALERI 1/35 Schnell boot 

日没とともに、Schnell bootの出撃です。
20100717_191154_convert_20100719194055.jpg

20100717_191154(005)_convert_20100719190625.jpg


唯一電飾?装備の魚雷艇です。
今回はリポバッテリーV7.4 2200×2に装換しての出撃です。


以前よりかっ飛ぶフネになりましたが、メンバー(全日本のRCボートレース出場者)の方より、「フラップをつければ、もう少し綺麗な姿勢で走るようになるよ」と助言をいただきました。

「ねた」は綺麗な姿勢で走っているように見えるのですが、ベテランの方から見ればフネの姿勢の変化がわかるんですね~。・・・ど~も「ねた」は動的な動作分析が苦手のようです。


でもスケール感が損ねるので、「ねた」の見た目満足でいきます。

助言を頂いたのにごめんなさい(汗)


20100717_190352(002)_convert_20100719183131.jpg


DSCN5150_convert_20100719200209.jpg

以上で7月走航会レポートはおわります。

参加されたみなさん、おつかれさまでした。

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

7月 夜間走航会 ニチモ1/200 戦艦大和 

ひきつづき7月 夜間走航会 戦艦大和の画像です。

我が戦艦大和は電飾装置が搭載されていないので、陽が明るいうちにと、走航させることにしました。

最近は、事あるごとに大和で出撃しているせいか、大和に付着する埃も少なく、掃除も兼ねているようです。


自称モデラーとしては空中線や両舷に手すりを設置したいところですが、必ず破損してしまうのでガマンです。

DSCN5124_convert_20100719163916.jpg


今度製作する機会があれば、LEDを仕込んだり、防水布など付けたいな~あと思います。
20100717_175443(003)_convert_20100719164742.jpg


カモゼー機動部隊を北に釣り上げる事に成功!・・・ではなく、彼らの後ろに付けているだけです。
20100717_175637(002)_convert_20100719215613.jpg

進路を横切る池の住人・・・でも彼らが優先です。
20100717_175637(003)_convert_20100719170530.jpg

category: ニチモ1/200 戦艦大和

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

7月 夜間走航会 

7月走航会当日の日中は猛暑となりましたが、黄昏とともに風が心地よく快適な走航会
となりました。


「ねた」は大和とSボートでの参加です。

Sボートは航海灯と艦尾灯が装備されていますが、LEDでピカピカ輝く電飾シップは在籍していませんので、「筋肉おやじ」さん、「Bichi」さんと陽が明るいうちから走航を楽しみました。


日没頃にはメンバーもあつまり・・・
DSCN5130_convert_20100718193604.jpg


陽が落ちると欄干から遠位方向は真っ暗となります。
DSCN5155_convert_20100718194459.jpg




当時、撮影する事の出来た画像と動画をアップします。


RSCN5098_convert_20100718222150.jpg

20100717_171628_convert_20100718195404.jpg

DSCN5115_convert_20100719091854.jpg

DSCN5132_convert_20100719101903.jpg

DSCN5148_convert_20100718225525.jpg

DSCN5156_convert_20100718231604.jpg













次回は大和、Sボートにつづきます。

category: 走航会

thread: ラジコン  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

タミヤ1/350戦艦武蔵 「お誕生日」は何時か? 

雨でジメ~ッとした日がつづき、武蔵の建造がすすみません。(涙)

「お誕生日が近いぞ、お誕生日が近いぞ」は、吉村昭著「戦艦武蔵」の中で、”武蔵”の進水準備に際し、芹川進水主任が叫んだフレーズですが、我が武蔵の「お誕生日」は何時なのか・・・?



そんな中、一時の晴れ間を利用して、塗装作業を強行しました。


先ずは上部構造物と甲板の塗装作業です。
上部構造物はおなじみのクレオスの軍艦色2(No.32)を使います。

DSCN5075_convert_20100711214058.jpg

上部構造物はマスキングしてタン(No.44)を吹きつけます。甲板色はこの1色で済ませました。

レイテ沖海戦では、木甲板を黒く擬装したようですが、走航させた時の模型栄えを期待して、(ニチモ1/200戦艦大和と同様に)タンを使用します。
DSCN5088_convert_20100711214519.jpg



マスキングテープの塊・・・このマスキング処理だけで1時間以上かかってます。
DSCN5078_convert_20100711215003.jpg


DSCN5086_convert_20100711215333.jpg

次回は、細部の軍艦色の塗り分けと、作業甲板をセメント色として明るめのグレーを使って塗装したいと思います。



おまけ
塗装の下準備として、ランナーからパーツの切り出し作業をしたんですが、高角砲シールド基部のゲート部分って、ゲートとモールドが一体化していて、ゲート処理に神経使いました。
DSCN5092_convert_20100711220059.jpg
デザインナイフとサンディングペーパーを駆使して体裁を整えます。

category: タミヤ1/350 戦艦武蔵

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0