Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

1/72ボスパーペルカサ 甲板の固定 

船体に甲板を固定する方法として、プラ棒(タミヤ丸棒5mm)とロッドエンドSタイプ(ヒロボーシャトル用)を組み合わせたマウントを製作し、2mmネジのメス側としました。

この方法は「てんちょ」さんが、ニチモ1/200"なつぐも”を製作された時の方法に準じています。

ロッドエンドの内周をリーマーで”さらっ”と削り、キツキツの状態でプラ棒へ挿入します。
DSCN4314_convert_20091228220747.jpg



船体に貫通させたプラ棒は、船体の梁も兼ねており、船体の補強と、甲板との”合い”を「きっちりと適合させる」目的もあります。


船体の内側周囲に角棒と平棒を張り、甲板の接触面積を拡大します。
バスコーク、もしくは防水テープを介在させることで、脆弱ながらも防水対策とします。
RSCN4318_convert_20091228220231.jpg


甲板の穴あけは、プラ棒の位置が決定しているので、プラ棒の正中線上であれば(ロッドエンドをスライドさせる事で)任意の位置に穴をあける事ができるので作業も楽です。

ロッドエンドは最終的にシューグで接着固定しました。
DSCN4321_convert_20091228221316.jpg


ちなみに実艇の甲板は、樹脂でコーティングされた木甲板で、甲板色は暗緑色となっています。

category: タミヤ1/72 VOSPER PERKASA

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

1/72 ボスパーペルカサ ハル内のレイアウト 

硬質発泡アクリルブロック(以下、アクリルブロックと略す。)を利用して、モーターマウントと受信機用ベッドの製作です。

アクリルブロックの底辺を、船底形状に合わせるためにフィニッシングペーパーを両面テープで固定し、シャコシャコとサンディング。
DSCN4295_convert_20091224101552.jpg


モーターにフィニッシングペーパーを巻きつけて、サンディンすればモーターマウントの完成です。
DSCN4297_convert_20091224101840.jpg


ちなみに、左のアクリルブロックの直方体の質量は0.5gと超軽量!浮力も抜群です。

同様の方法で受信機用ベッドも製作。

アクリルブロックをカットして、スタンチューブの支持固定とサーボの固定にも使用しました。
DSCN4307_convert_20091224192009.jpg

不沈対策にも役立っています。・・・たぶん。


ついでにバッテリー用のベッドをプラ板で製作しメカ積みも可能な状態になりました。

ん~甲板とハルの固定はど~しょうかな~。

category: タミヤ1/72 VOSPER PERKASA

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

タミヤ1/72ボスパーペルカサ スタンチューブの取り付け 

実艇は主機関であるガスタービンエンジン×3、補助機関のディーゼルエンジン×2を搭載し、3軸推進で走航します。
通常走航時はディーゼルエンジンで両舷の2軸で推進しますが、高速走航時はガスタービンエンジンで54ノットの速さでカッ飛ぶようです。

走航時のエンジン効果音は”きゅういい~ん”といった感じでしょうか?・・・「ねた」の勝手な妄想です。
DSCN4304_convert_20091222194909.jpg



・・・で、つるぎ海軍のボスパーのエンジンは180 モーター、ダイレクトドライブによる1軸推進を採用します。

3つあるエディプレートをカットし、正中線上でスタンチューブを貫通させる為の孔を開口します。
DSCN4292_convert_20091222195545.jpg


スクリューはクリッパーさんの通称アカペラを採用します。

このスクリューはブルーリボンに採用されているモノですので、スクリューの性能は既に証明されています。
スクリューは丁寧にバリを削り取ることで、キャビテーションを軽減させるほか、効率が向上します。
DSCN4299_convert_20091222200826.jpg

「てんちょ」さんがスクリューのバリの有無について比較検討した実験はこちら!
http://clipper.nobody.jp/factory2/hydro/hydro-kowaza/propeller/propeller-1.html



スタンチューブはスクリューのダイヤでアライメントを決定しまいた。

ブラケットとエディプレートは、ジャンクパーツからセミスクラッチ。

その後バカ穴をポリパテを盛ってサンディングです。
DSCN4303_convert_20091222200218.jpg

category: タミヤ1/72 VOSPER PERKASA

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

押入れの肥やし ボスパー ペルカサ 

メンバーの方より退艦したPT-15(タミヤ1/72)を譲りうけました。

キットの完成度もさることながら、製作者の高い製作技術を伺い知る事ができます。

しかし、完成から年月が経っており、樹脂の劣化や破損、退色が多々見受けられます。
DSCN4282_convert_20091220004047.jpg


DSCN4286_convert_20091220204619.jpg

が、リハビリテーションをすれば、機能回復も可能です。
DSCN4289_convert_20091220205429.jpg




・・で、タミヤ1/72ボスパーペルカサ級ディスプレイモデル(以下ボスパーと略す。)を1年9ヶ月ぶりに押し入れから出してきました。
実は、以前に当ブログで記事をアップしていましたが、PT-15を譲り受けるまでボスパーが造船待ちであったことを、すっかり忘れていました。
http://quadriseps.blog71.fc2.com/blog-date-200803.html


PT-15と比較しながら、ボスパーをいじっているうちに造船意欲が湧いてきたので、”女王陛下の魚雷艇”を作ろうと思います。


ボスパーはかなり小ぶりな船体なんですね。
DSCN4288_convert_20091220211154.jpg

category: タミヤ1/72 VOSPER PERKASA

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

ITALERI 1/35 Schnell Boot 実戦配備 

Sボートが実戦配備されました。

ツインバッテリー仕様の高性能アンプに変換しました。
バッテリーは7.2V1100mlです。
8.4V を使用して、さらにパワーアップも可能ですが「ねた」的に現状のままで、スケールライクな走りだと思っています。



Los!



”発射”はドイツ語で、Losと言うんですね。、「ねた」はこのSボートを作る過程で初めて知りました。
映画”Das Boot”でも確かに魚雷発射時”Los!”って叫んでますね。


・・・で、ダミー魚雷ですが、回収できず案の定lostしちゃいました!(笑)

また魚雷を造らなければらなければ・・・(涙)


Battle stations!
Prepare Torpedos. ドイツ軍なのに英語かい!という突っ込みはなしで!(汗)
RSCN4261_convert_20091212092433.jpg


Solution ready.
(1)20091210_123504(002)_convert_20091212093256.jpg


Los! ここだけドイツ語かい!というツッコミもなしで(汗汗)
20091210_122401(003)_convert_20091212094015.jpg

Back to base,man! time for Breakfast.  Schnell boote los!より
RSCN4260_convert_20091212094944.jpg
                                      

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

12月遠征走航会 

今年最後の走航会へ、Sボートの試走を兼ねて行ってきました。
カテゴリ-を走航会とSボートに編集する都合上、2回に分けて当日の模様をアップします。

決して、ネタを無駄に引き延ばしている訳ではあるませんYO~(汗)

場所は山間のダム湖。(自宅から道のり2 時間)

当日の参加人数は7名とアットホームな走航会となりました。
現地の”道の駅”で集合し、みんなで食事。

bichiさんと「あめご定食」を注文。
あめご、鮎のたぐいは日頃食卓には出てこないので、養殖と言えども「おいしゅ~うございました!」
DSCN4237_convert_20091210215115.jpg

撮影場所から橋を渡って、対岸のメンバー所有の土地(桟橋)へ
DSCN4235_convert_20091210220206.jpg

DSCN4241_convert_20091210220533.jpg

bichi さんの多目的船”第15八幡丸”は今回が処女航海です。昨夜までバラスト調整をしていたそうです。
多目的船”第15八幡丸”の詳細は
http://quadriseps.blog71.fc2.com/category2-1.html

DSCN4264_convert_20091210220837.jpg

手造り削りだし48mmスキュードタイプスクリューが、かっちょええ!
DSCN4271_convert_20091211230441.jpg





今回の走航会で大活躍したのが、「てんちょ」さんの御助け船”武骨丸”くん。
武骨丸の詳細は
http://clipper.nobody.jp/index.html
左はしメニューから「てんちょのブログ」へ!

タグ自身の曳航索がスクリューにからまり機関停止!
救出に向かった多目的船”第15八幡丸”も曳航索にからまり機関が停止!

武骨丸による救出活動。
漂流船を引っ掛けて水際まで曳航し、救助となりました。



「てんちょさん」のアイデア。
ノイズレスチューブに曳航索を通すことで、索が自身のスクリューにからまらないよう施しています。
また、曳航索の近位部は艦尾とマグネットで着脱可能です。
DSCN4281_convert_20091210230536.jpg


DSCN4273_convert_20091210230833.jpg

”つるぎ海軍”にも不測の事態に備えて、レスキュー艇が必要だな~あっと実感しました。

category: 走航会

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

ブログを通して・・・ 

ブロ友のジャスティスさんより、横浜スケールボート走航会出撃時の画像を頂きました。
モデルはアメリカ海軍戦艦ニュージャージ(タミヤ1/350)です。

精密かつ丁寧に作り込まれたインジェクションキットを(艦船模型に限らず)ラジコンに改造して、自由自在に動かす事ができるのは、実に楽しいものであると感じます。

また、今回の走航会では同じくブロ友のユリ助さんも初参加されており、当ブログを介してだけでなく、実際にお知り合いになったとの事です。

ニュージャージの操縦は、次期タミヤ1/350戦艦大和艦長のユリ助さん。
09.11.29 019-6

当ブログは徳島の田舎町から発信していますが、「ねた」は徳島以外のブロ友の皆様とは、実際にお会いする事は極めて少ないと思います。しかし、ブログを通してお友達や、お仲間が増えて行く事が、ひじょ~に嬉しいです。

category: 黒潮東海

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

 1/35ITALERI Schnell Boot 初走航 

初走航です。

いつもの作戦海域へ出撃です。
作戦海域は水深が浅く、走航範囲も狭くなっていますが、機関が停止してもジャブジャブ入水できるのでレスキュー時には安心です。

はやる気持ちを抑えて艇の動作を確認して、進水
(今回は魚雷発射テストはせず、走航テストのみです。)
DSCN4115_convert_20091130205538.jpg



艇の記念写真を撮って走航開始。
RSCN4215_convert_20091130205747.jpg



スロットル30% 問題なくルスルスルッと。


スロットル60% スピード を増して疾走はするものの、艇首は浮き上がろうとはせず・・・


スロットル80%以上 さらにスピードをまして疾走はするものの、 艇のフォルムとスピードが相関してないような・・・



RSCN4214_convert_20091130210057.jpg


RSCN4222_convert_20091130210555.jpg


380モーターと強力なギヤダウンユニットなので、遅いわけがなく、「てんちょ」さんにお尋ねしたところ、「ねた」が使用しているアンプはツインモーター:1バッテリー仕様だから、大食らいな380モーターに対して1バッテリーは電力不足ではないか?と、目からウロコ的アドバイス!「てんちょ」さんにはいつも感謝です。


今回は普通に遊ぶには問題はないので、モーターとギヤユニットの慣らしをかねて流しました。
RSCN4218_convert_20091130211950.jpg

DSCN4201_convert_20091130212431.jpg

次回は 2バッテリーを使用するアンプ(kyosho PERFEX KF-6)に装換して、試走してみます。

なにはともあれ、初走航は無事?終了と言う事で。

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0