Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

イタレリ1/35 Sボート 魚雷発射管の製作 

魚雷発射管中枢部の組み立てです。
そのまま素組ですが、「ねた」的に、いい感じになってきました。
DSCN3731_convert_20090830212636.jpg

DSCN3732_convert_20090830213833.jpg


で、調子に乗って、左舷の魚雷発射管を魚雷発射可能にしてみました。
(パーツの接合部はグラスで補強しましたが、魚雷発射管末梢部の2つの穴は創意工夫のなれの果てです。)
DSCN3723_convert_20090830214440.jpg

力源はゴムの張力で、パチンコの要領で魚雷を射出します。
魚雷の射出制御はサーボで行いますが、サーボは引き込み脚専用サーボを用いました。
トルクを生かしてテンションのかかった魚雷をロックし、同時にロック中の電流消費を抑えることができます。
DSCN3725_convert_20090830220728.jpg

DSCN3728_convert_20090830221852.jpg


ゴムは輪ゴムなので、現場で切れてもその場で交換可能です。


つるぎ海軍工廠のローテク、アナログ、クラシカルな射出装置ですが、いまのところ筒内爆発はありません。

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 3 TB: 0   

1/35 Sボート 艦橋製作中 その2 

引き続き艦橋の組み立てです。

計器類のデカールは、光沢クリヤーを「ポトン」と落としてデカールの保護とガラスの表現。


管制室の双眼鏡は目立つところなので、資料を参考にコード(ムギ球の配線)を取り付けました。
ちなみに実際の双眼鏡の倍率は5×75の様です。
RSCN3648_convert_20090822224426.jpg

RSCN3650_convert_20090822224830.jpg


ステイは引掛けて破損するはずなので、真鍮線で作りなおしました。
DSCN3653_convert_20090822225513.jpg


RSCN3665_convert_20090822225945.jpg


組み上がった艦橋部分
DSCN3661_convert_20090822230633.jpg


DSCN3657_convert_20090822231608.jpg


つるぎ海軍唯一の1/35スケールの戦車長を乗船させてみました。

DSCN3676_convert_20090822232302.jpg

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 1 TB: 0   

イタレリ1/35 Sボート 艦橋の製作 その1 

艦橋の製作に移りました。

艦橋はボックス状に組み立てる構造なので、あらかじめパーツの接着と彩色をすませておく必要があります。船体色で塗装後ウォッシング、スミ入れを施行しました。(ジャーマングレー+フラットアース)

操舵室は組み立てると、アーマーの窓を覗き込まないと見えませんが、舵輪などもしっかり作りこまれています。外から見えないところまでパーツ化されているこのキットは、タミヤの戦車キットを連想させます。

614_convert_20090817213451.jpg



ヘルメットホルダーはエッチングとなっており、曲げ加工を行います。
製作ガイドにはペンを使用してエッチングの加工方法が紹介されています。

”細みのペン”を用いて、曲げ加工を行えば、金属の反発効果をうまく利用して、小振りできれいなヘルメットホルダーを作る事ができます。
611_convert_20090817214159.jpg

615_convert_20090817214551.jpg

次回はライフリングやシートなど、艦橋の艤装に進みます。

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

和歌山へ いってきました。 

和歌山へ2泊3日で、お出かけしてきました。目的は主として海水浴とアドベンチャーワールド。

さらに「ねた」的に密かに楽しみにしていたのが”フェリーに乗船する事”です。


フェリーは南海四国ライン 上りは”つるぎ”(2604t)、下りは”かつらぎ”(2,571t)です。

”つるぎ”はbichiさんがフルスクラッチでモデル化されていますので、おなじみのフネです。


ディテール画像
構造や艤装品、ウエザリングの表現の参考にと写真を撮ってきましたので、1部画像をアップします。
”かつらぎ”の露天甲板。
601_convert_20090811195427.jpg

”つるぎ”では屋根が増設されています。
291_convert_20090811194439.jpg

防密扉 ”つるぎ”
613_convert_20090811212811.jpg

ウインドラス(船尾) ”つるぎ”
307_convert_20090811221430.jpg


避難誘導のマーキング ”かつらぎ”
604_convert_20090811213311.jpg


膨張いかだ ”つるぎ”
300_convert_20090811214047.jpg

救命ボート ”つるぎ”
314_convert_20090811214507.jpg

マスト”かつらぎ”
605_convert_20090811215043.jpg

白いボックスはシューター ”かつらぎ”
606_convert_20090811234051.jpg

”つるぎ”
ハッチが開いて、自動車が発車(下船)する際は”帰って来たウルトラマン”、マットアロー号出撃シーンでのBGM 「わんだばだばだば、わんだばだばーあ」と、心の中でリズムが流れます。
608_convert_20090811220037.jpg




で、ちょっとだけ、サファリワールドのシーン
ジープでのサファリツアー(有料先着順)をゲットすべく、開園とともに、おとーさん(ねた)は受付カウンターへ猛ダッシュ!
考える事はみな同じのようで、おとーさんらしき人たちは、目的カウンターへダッシュしておりました。

幸い目的を果たす事ができ、一安心!

肉食系はカッコいいです。(娘撮影)
615_convert_20090811223326.jpg

616_convert_20090811223657.jpg

617_convert_20090811223931.jpg

category: 未分類

thread: 趣味と日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

イタレリ1/35 Sボート  駆動機関 

海外モデラーのイタレリ1/35SボートRC化製作記事を拝見すると、実艇同様に3軸推進で3枚舵、しかも魚雷発射管がRC操作で開閉する懲りよう!世界にはツワモノがいます。

で、我が軍のSボートは2軸推進、ダブル・バラスト・ラダーで造船しています・・・でも、手抜きではありません。(汗)

DSCN3265_convert_20090802235536.jpg


DSCN3271_convert_20090802234623.jpg


ラダーホーン、サーボホーン共にボールリンクを使用することで、ガタの無いスムーズな動きが実現します。(ヒロボーシャトル用リンケージセット)
DSCN3261_convert_20090802234317.jpg
サーボ(サーボホーン)はラダーホーンに対して平行、プッシュロッドに対して直角になる位置にセッティングします。メンテナンスハッチから覗き込むと、ブームを避けて上手い具合に舵鞘やサーボにアプローチできました。

実はメンテナンスハッチのパネルを紛失してしまい必死で捜索しています。(涙)

つるぎ海軍のダイムラー・ベンツMB502 V型16気筒エンジンのつもりの、マブチ 380モーター遊星ギヤエンジン!
DSCN3270_convert_20090802234927.jpg

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

イタレリ1/35 Sボート  船体塗装中その2 

船体の基本的な塗装が終了しました。
DSCN3269_convert_20090802221441.jpg



イタレリのカラーガイドは船体色にダークレッドの艦底色、吃水レベルにブラックのブーツラインのパターンが採用さていますので、これに準じた塗装を施行しました。

ちなみに、
Nボート(Sボート)イラストレテッド(大日本絵画)に描かれているSシリーズは、全て艦底がブラックで描かれています。また、レベル1/72キットでも艦底色はブラックのようです。
DSCN3268_convert_20090802232513.jpg

下地のジャーマングレーを意識して残しつつ、基本色となるミディアムシーグレーを塗布。
乾燥後、フィッシングペーパーで軽めにサンディング。
再度ミディアムシーグレーをサラッと噴いています。
DSCN3263_convert_20090802223322.jpg


ブーツラインはフラットブラック 
艦底はおなじみのクレオス艦底色No29です。

上甲板も、これまたおなじみのクレオスNo32軍艦色での塗装です。

今後は錆の表現などをサラっとしたいと思います。

category: ITALERI 1/35 Schnellboot

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0