Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

1/350エンタープライズ建造中 

電気力空母エンタープライズに推進機関を搭載して以来、造船ペースが落ちていましたが、「1日1組み」のスローガンで、やっとのこさ艦尾と両舷のプラットホームが組み上がりました。

プラットホーム(スポンソン)と船体との”合い”は良好で、ストレスなくサックと組み上がります。
角張った奥行きのある、立体的な造形はカッコいいですね~。
エッチングの手すりを使用することで、船体がグッと引き締まります。
右舷プラットホーム
DSCN1717_convert_20081224225623.jpg

DSCN1720_convert_20081224230048.jpg

左舷スポンソン
床面の色彩、デッキブルーは(床面と1体形成の構造物はマスキングして)、水性アクリル塗料を調合してエアブラシで塗布です。
DSCN1711_convert_20081224215453.jpg

 
艦尾構造物
「組み立て説明書」には、主なパーツの名称と解説が記載されています。実際の機能を理解しながら、組み立てる事ができるのは楽しいですね。

DSCN1706_convert_20081224220923.jpg
名称の記載の無い小パーツは、「ねた」の知識不足から名称が解らず、リサーチできません。「それらが何なのか?」気になるところです。例えば艦尾両舷コーナーの円筒状の構造物は何なのか?? など、など・・・

追記
お小遣いをもらったら、クリッパーさんへ原子炉を買いに行きます。・・・じゃなくて電気炉(アンプとバッテリー)を買いにいきます。

category: タミヤ1/350 ENTERPRISE CV65

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

防空駆逐艦「秋月」迎撃される。 

どちらかと言えば、公園で遊ぶのが目的の娘から「おフネ、浮かばしに行こうよ。」と誘ってきたので、曇天の中、喜んで連投で出撃してきました。

お手軽に持ち運び可能なニチモ1/200防空駆逐艦「秋月」に、急きょ燃料補給(急速充電)を行い、単騎進撃開始です。
DSCN1537_convert_20081215224800.jpg


この作戦海域は、我が艦載機によって撃滅した?(水鳥なので制空権も無いのですが)、はずの"カモゼー機動部隊" 「カモクラス戦艦1番艦,2番艦・・・以下省略」が展開しており、
DSCN1686_convert_20081215202145.jpg

さらに、水面下には「カープ級潜水艦部隊」が潜んでいます。
DSCN1679_convert_20081215202942.jpg

圧倒的じゃないか!(アムロ調で。)
「たいきゃ~く!、いや転進!」・・・ はやっ!
DSCN1542_convert_20081215205454.jpg

突然のレーダー射撃(いきなり娘が投石攻撃)
「やめてくれ~え!」  
DSCN1566_convert_20081215210855.jpg

DSCN1567_convert_20081215211837.jpg
しかし、これがスリルがあって、おもしろい。子供の頃、模型を浮かべて同じ事をしたのを思いだし・・・
もっと!もっと! と、娘にリクエスト状態。
娘のヒャーヒャー言いながらの投石攻撃に、みょ~に興奮しながら回避行動をとる「ねた」でした。

至近弾!!
「うわーっ」(被弾したザクパイロット調で。)
DSCN1583_convert_20081215213426.jpg

DSCN1584_convert_20081215222117.jpg

実艦のように直撃弾がなくてよかった~あ。

戦果は無し
我が方の損害、「ねた」が苔で足を滑らせズルッと水没。(見苦しくてスミマセン)
DSCN1687_convert_20081215215619.jpg

作戦終了後はグジュグジュの靴まま、娘と鬼ごっこ(略して、「おにご」と言うらしいです。)で遊びました。

category: ニチモ1/200 駆逐艦秋月

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

”彗星”発艦 

先日、信濃艦載機の発艦を「ちょうちんアンコウ」的なフォルムでアレンジしたので、ど~しても走航させたく、いつもの作戦海域へ出撃してきました。もちろん、操舵は子供です。

船体から突き出たピアノ線はスルーして、自己満足の世界です。
IMG_4112_convert_20081215200349.jpg


IMG_4108_convert_20081214100434.jpg

IMG_4122_convert_20081214093146.jpg

IMG_4107_convert_20081214095354.jpg


艦載機を発艦させるためには、艦首を風上に向けて高速で走航し、合成風速を作って発進させます。
aaa.jpg
幕末古写真ジェネレーターで画像を変換

諸家らの書籍では、「信濃」は最前線と主力部隊の中間に進出し、中継空母(主力部隊から飛来する機や、戦場から帰投する機に、燃料や弾薬を補給する)としての役割から搭載機数が少ないようです。

category: 童友社1/250航空母艦信濃

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

1/150戦艦霧島 副砲の設置 

今年も残すところ、3週間となりました。起工からまる1年、我が「霧島」の造船は相変わらずスローリーな状態です。


副砲を設置しないと次の行程に進めないので(計画性のない製作手順が祟ってます。)船体の下地が十分でないまま、副砲の塗装と船体への設置を行いました(両舷1~6番副砲)。


砲身中枢部はシールドに組み込むと、塗装が困難になるため、予め塗装を施します。
DSCN1529_convert_20081207211027.jpg

DSCN1516_convert_20081207212431.jpg

DSCN1532_convert_20081207211744.jpg
今後は、副砲上部ケースメイトの”甲板日ざし”の曲線ラインの形成です。

category: 未分類

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0