Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

Hasegawa ドクダーヘリEC-135 完成 

中断していた長谷川(ポーランド製キット)のドクターヘリ EC-135(模型は日本製に限ると思いつつ)を完成させました。

パイロットとフライトエンジニアは、ジャンクパーツより流用し、
機首にあるピトー管と、テールブーム左翼側アンテナを真鍮に換えた以外は素組み。
カラーリングはフェネストロンの遠位部、垂直安定板をモンザレッドで塗装し、それ以外はデカール。

PCで「徳島県立中央病院」と機体ナンバーのデカールをつくって、お世話になっているJA824H号機としました。

徳島県立中央病院 屋上ヘリポートにて
IMG_0034_convert_20150509085014.jpg




DSCN3251_convert_20150506215403.jpg


DSCN3257_convert_20150506215943.jpg

DSCN3271_convert_20150508062623.jpg


おまけ
こちらは海上自衛隊鹿屋航空基地 第211教育航空隊のTH-135(EC-135)
海上自衛隊小松島航空基地にて
img_7.jpg

category: Hasegawa DOCTOR HELI EC-135

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0   

Hasegawa 1/72 EC-135 フィギュア載せてみた。 

先日のつづき
パイロットとフライトエンジニアをコックピットに搭乗させました。フィギュアは1/72MV-22B オスプレイのキットからコンバート
頚部(頭部)が別パーツとなっているので、頚部を回旋させて動的な動きを一応表現。
いや~フィギュアがちっちゃすぎて、塗装はコレが限界でした。ますます眼の退行変性がすすんでいるようです(涙)

フィギュアのスーツのカラーはJA824Hのフライトマンを参考に・・・
DSCN1843_convert_20150211165604.jpg


DSCN1848_convert_20150211170419.jpg

EC-135はツインエンジンですが、2つエンジンがある機はフライトの際、とても安心感があるようです。
以前UH-1のパイロットの方とお話しする機会があり、エンジンが一つしかないUH-1で海上を飛ぶのは正直不安はあった。と、言ってました。ちなみにその方、今はUH-60に乗ってます。

つづく

category: Hasegawa DOCTOR HELI EC-135

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

Hasegawa DOCTOR HELI EC-135 

行きつけの模型やさん(仕事帰りにコーヒーブレイクに立ち寄る憩いの場所というほうが正確か?)で1/72サイズのドクターヘリのプラモデル3機セットをゲットです。
DSCN1815_convert_20150205233320.jpg

ハセガワの販売ですが、中身はポーランド製キットのようで・・・って完成度ってどうなのよ。
DSCN1817_convert_20150205233519.jpg

で、さっそくEC-135をつくりはじめます。
EC-135は徳島県が採用している機体で何かとご縁もあり、作るのはやっぱりコレね。すべて素組でね!
EC135.jpg


右翼正面のリアシートにフライトナース 対面に研修医もしくは関係者 左翼対面シートにフライトドクター
IMG_0007_convert_20140113235844[1]

とりあえず、キャビンから・・・ 塗装作業をしながら、サクサクっと全体を組みあげます。
シートのレイアウトはJA824Hを参考に・・・しかしキャビン内は機体をくみ上げると外からまったく見えないので、自己満足ですね。 江戸っ子の裏地に対するこだわりと同じです。
DSCN1832_convert_20150206191533.jpg

バックボードをヘリ内に搬入すると傷病者の頭部がドクターが坐るシートの前にくるようになります。

キットではリアシート後方に、何やら不明の構造物(モニター付き除細動器?ベンチレーター?)がありますが、スルーして作業をすすめていきます。



今のところ海外キット特有の作り難さはなし・・・
つづく

category: Hasegawa DOCTOR HELI EC-135

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0