Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

1/100 一等輸送艦 筒(甲標的)製作中 

久々の連投記事

中発と平行して特型格納筒(以下 筒と略す) 略称「甲標的」(以下)も製作中


筒が一輸のスリップウエイを滑卸架台を介して入水するシーン(搭載実験)や、目的地へ向かう準備?をしているショットがあり、一輸を製作するにあたり、筒は必ず製作しようと思っていました(「ねた」の製作技術の範囲でね)。

また、タミヤの1/700WLの一輸に筒や大発を搭載したスタイルは、めちゃかっちょええですね。

過去に製作した1/700WLの一輸
DSCN0926_convert_20140817175926.jpg

DSCN0923_convert_20140817175720.jpg





1/72 スケールキットと1/200スケールのペーパークラフトを参考に、1/100スケールで具現化ね。

実艇の最大周径が1.85m、それに見合う半円にカットされた既存の木材(幅20mm)に、型紙を貼ってサンディング
DSCN8093_convert_20170320225344.jpg

頭側遠位端 魚雷発射管を構成する形状も、型紙にあわせてサンディングね。
DSCN8094_convert_20170320225406.jpg

魚雷発射管はエンビパイプを接着してパテ形整 (魚雷発射管先端覆は未設置)
DSCN8097_convert_20170320225438.jpg

目止めと防水を目的に、瞬間接着剤 低粘度タイプをタップリとしみ込ませて、かる~くサンディング
次いでサフェーサーを塗布して、妥協するまでサンディング
DSCN8112_convert_20170320225508.jpg


司令塔もこさえます。
DSCN8100_convert_20170320225533.jpg

指令塔自体は非水密構造 基底部の四角い溝は海水を排水するための排水口ね。
DSCN8104_convert_20170320225608.jpg

つづく

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 13m運貨艇(中発)製作中 

作り方は大発と同様
DSCN7946_convert_20170320225146.jpg


資料や画像が乏しく、1/350スケール艦載艇セットの箱絵やキットのディテールでイメージを具現化ね。
中発は露天機関室なので、ここはテントを張るタイプとし、機関室内の製作をスルーする予定(汗)
DSCN8107_convert_20170320225222.jpg

船底はバルサブロックとパテで形整していきます。
DSCN8109_convert_20170320225306.jpg

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 製作中 信号灯 カッター 

今回がんばったところ

各種信号灯をこさえました・・・ただし実際に点灯するギミックは当工廠のスペックでは無理なのでスルー
素材はクリアーランナーを任意の太さまでサンディングしてコンパウンドで磨いたロッド、evergreenのプラ材、プラ板、エッチングのスクラップ部分。

艦尾信号灯 2kw信号灯 点滅信号灯・・・ 
20170210204706b9b.jpeg
艦尾信号灯は、クリアーカラーでカラーリング後、透明クリアーを再度塗装しテカらせます。
同様に2Kw信号灯、点滅信号も透明クリアー塗装ね。



2kw信号灯 点滅信号灯
三脚楼の遠位端に点滅信号灯、その近位部に避雷針
2kw信号灯は左舷側にオフセットした位置ね。
DSCN7932_convert_20170212180130.jpg


後楼の遠位端に点滅信号灯 左舷に艦尾信号灯
一輸は5灯型 一般的には6灯らしい・・・
DSCN7943_convert_20170212200422.jpg
軍艦色の中に、艦尾信号灯のカラーリングは良いアクセントになるね〜

カッター
リビングボートの救助ボート(小)を改造 
舷側の縁を薄くサンディング
板張りのモールドをマスキングテープで再現し、低粘度の瞬着でコーティングするようなイメージで固着
20170210205244d2f.jpg

舷側のオールの入る溝を掘り、カッター内の構造はタンガニカを切り貼りしてつくります・・・
ラダーとオールもこさえます。
DSCN7915_convert_20170212190507.jpg



DSCN7913_convert_20170212181820.jpg


ウッドブラウンがちと光沢すぎた感あり・・・後ほど修正やね!
DSCN7916_convert_20170212182210.jpg

DSCN7933_convert_20170212182534.jpg


全体像の画像を撮ってモチベーションを維持します。
DSCN7930_convert_20170212182832.jpg

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 6 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 製作中 絡車 昇降口 

がんばったところ

絡車の製作・・・っといっても小西製作所のロストワックスパーツね!
DSCN7725_convert_20170103191731.jpg
プライマーを塗布して軍艦色No32で塗装
タコ糸を規則正しく巻きつけて、瞬着で固定
DSCN7747_convert_20170103191958.jpg



昇降口(水密扉)・・・軍艦雑記帳を参考にevergreenの平棒を切り貼り加工・・・イメージ重視ね(汗)
DSCN7741_convert_20170103192520.jpg

これだけでも結構時間を費やしました・・・
RSCN7751_convert_20170103193150.jpg
 
つづくよ

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 製作中 手すりの設置 

がんばったところ。

両舷に手すりを設置
0.3mmの真鍮線を支柱として、0.2mmの真鍮線を ハンドレールとして取り付け。

図面上支柱の数は102本
一輸はスリップウェイを設けている都合、舳から艫までなだらかに傾斜しており、支柱(真鍮線)を垂直に立てるのは神経と時間を使いました。

DSCN7720_convert_20161230200803.jpg

高角砲操作フラットの支柱は長く、操作員転落防止用のネットが張りめぐらされます。

全体的にハンドレールは重力依存性に、少し垂れたように表現ね!
最後は、金属プライマーを筆塗りして、次の作業へつなげます。


手すりを引っ掛けて破損しないように注意をしなれけば・・・

つづく

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 2 TB: 0