Admin New entry Up load All archives

つるぎ海軍工廠日記

自衛隊を愛する日本男児 趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

1/100 一等輸送艦 主錨の製作 

大発 中発 甲標的 の製作が長引き・・・母艦となる一輸の製作が滞ってます・・・

で、今回がんばったところ

主錨をでっちあげました。
スクラップのプラ素材から、主錨の各部分を切り出し加工してスクラッチね。
DSCN8661_convert_20170521185332.jpg


DSCN8663_convert_20170521185402.jpg

錨鎖はリアルなスタッド付を、いつもお世話になっている”キャプテン”で購入
RSCN8676_convert_20170521185511.jpg
スタッドがある事で、 鎖環同士が絡まって団子状態になることを防いでくれます。

シャンクの遠位に穴を開け、真鍮線を通して錨鎖と連結ね。

DSCN8684_convert_20170523204314.jpg

つづく

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 0 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 13m運貨船(中発)完成 

ホビーショーで盛り上がっている週末ですが・・・1/100 13m運貨船 (中発)が完成したのでひっそりアップ

運貨船を再確認すると港内・沿岸の短距離輸送を行う輸送艇の総称やね。

1/350スケールプラモの側面の箱絵とキットのディテール、激しく乏しい資料から具現化したので「ねた」的にコレが限界。
DSCN8649_convert_20170513153820.jpg
DSCN8652_convert_20170513155558.jpg






前回からの残りの作業
大発と同様に折りたたみの梯橋を設置、ヒンジ部は真鍮線ね。 
梯橋絡車はハンドルタイプ(小西製作所のロストワックス)
DSCN8338_convert_20170513154122.jpg

舵輪を真鍮線で、 主錨を誘導する支持棒、クリートをプラ棒ででっち上げね。
DSCN8346_convert_20170513154401.jpg
スクリューは食玩から移植 舵はプラペーパーね。
スクリューガードは真鍮線をつぶして平板にしたもの
DSCN8651_convert_20170513155359.jpg


13m運貨船(中発)と14m運貨船(大発)
DSCN8654_convert_20170513160204.jpg

DSCN8655_convert_20170513160028.jpg


中発には童友社の1/100のドラム缶(素組)と整備兵、大発には1/100軽戦車(ペーパークラフト)搭載の図
DSCN8656_convert_20170513160715.jpg

DSCN8657_convert_20170513160755.jpg

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 13m運貨船(中発)製作中 

13m運貨船の製作
13m運貨船の資料が乏しく、1/350スケール日本艦 艦載艇セット (タミヤ)の箱絵やキット、画像からディテールを具現化ね。わからんディテールは大発から推測・・・

ポリパテ、ラッカーパテでフォルムを修正し、下地を整え・・・
DSCN8217_convert_20170505192351.jpg

DSCN8218_convert_20170505192501.jpg


船倉の板張りやリブ、防舷材を張り合わせて作ります。
DSCN8312_convert_20170505192620.jpg




このあたりまでは、大発とまあまあ同じ工程。

開放型の機関室はテントを張った状態として、機関室の工作を誤魔化しました(汗)
テントはスクラップバルサで、ざっくりこさえ・・・
DSCN8314_convert_20170505192803.jpg


真鍮線(0.3mm)をドーム型の支柱に見立てて、埋め込む様に瞬着で貼り付け。
DSCN8319_convert_20170505192909.jpg

パテとサフ、サンディングを繰りかえして下地が完成。
DSCN8327_convert_20170505193155.jpg

つづく







category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 ”筒” 甲標的 完成 

一等輸送艦 搭載予定の”筒” 甲標的が完成しました。
DSCN8278_convert_20170416233338.jpg
呉 大浦崎基地所属 36号艇 





オキサレッドのサフの上に、メタリックグレーをさら~っと塗布
RSCN8247_convert_20170416164338.jpg

ついで全体に希釈したグレーを塗布し、マンホール周辺のグレーを残しつつセミグロスブラックを重ね塗り。
RSCN8248_convert_20170416164408.jpg


これでひと段落終えたので、残りの同軸反転スクリューもスクラッチね。
DSCN8242_convert_20170416164440.jpg
ロッドに、ブレードに見立てたスクラップパーツをピッチ角を付けて瞬着で貼り付け、サンディングでねじれをつけるように肉薄にサンディング

RSCN8250_convert_20170416164502.jpg
サフを塗布して、スーパーゴールドでカラーリング






完成写真
デカールはプラモデルから流用 デカール保護のためピンポイントでトップコートをサラッと塗布してます。
前部と後部の保護索は、引っ掛けて破損させる事が予言できるので、未装着!
画像からはよく分からない程度の錆びと雨垂れのウエザリング
RSCN8273_convert_20170416233407.jpg

DSCN8270_convert_20170416233440.jpg


RSCN8262_convert_20170416164746.jpg

滑卸架台を作って一輸に搭載予定

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0   

1/100 一等輸送艦 筒(甲標的)製作中 その2 

今日頑張ったところ

指令塔と船体を接着

輸送中なので、指令塔トップの九七式特眼鏡と短波無線空中線は収納した状態・・・って、ポンチで抜いた円形のプラ板を貼っただけですけど(汗)

昇降ハッチはWAVE オプションシステム シリーズを加工してでっち上げ

船体(生地)の表面は面イチではなく、鋳造されたイメージで・・・
DSCN8214_convert_20170409141557.jpg

船体のディテールはプラペーパーや真鍮線で再現ね。
DSCN8215_convert_20170409142313.jpg
45cm魚雷発射管のキャップはロッドの遠位端にWAVE オプションシステム シリーズのパーツを貼ってドーム状に形整

船体の溶接痕をサフで再現します。
DSCN8219_convert_20170409143133.jpg

DSCN8221_convert_20170409143352.jpg

DSCN8224_convert_20170409143806.jpg


モデルの設定は大浦崎基地 36号艇ね!・・・なぜかというと・・・

艇首ガードやスクリューガード、司令塔トップの構造物 前部保護策展張用滑車が装備されてないのでフルスクラッチする必要もなく(汗)・・・

DSCN8223.jpg
さらに、36号艇が一等輸送艦(5号輸送艦)に搭載されようとしている記録写真がネット上にあるのですよ。

DSCN8227_convert_20170409144736.jpg


オキサレッドで下地を作って、本日は時間切れ(涙)
DSCN8234_convert_20170409172522.jpg

DSCN8229_convert_20170409172439.jpg


水中モーター装着して奇襲攻撃もできるな〜と思いつつ、つづく

category: 1/100一等輸送艦

thread: 模型・プラモデル・フィギュア製作日記  -  janre: 趣味・実用

CM: 4 TB: 0