FC2ブログ

TAMIYA 1/35 U.S.SELF-PROPELLED A.A.GUN M42 DUSTER 完成

タミヤ1/35 アメリカ対空自走砲 M42ダスター完成
戦車部隊と共に行動、対空戦闘を行うために1953年に正式採用
202103131733460b4.jpeg
M41軽戦車をベースとした車台に、2連装40mm対空機関砲をオープントップの砲塔に装備。ベトナム戦争では歩兵の援護、対ゲリラ掃射 輸送部隊の護衛に威力を発揮
20210313173342ac8.jpeg
陸上自衛隊にあっては1960年に高射特科部隊(現在の第7高射特科連隊)に22輛が配備

キットは陸上自衛隊 高射学校(千葉県)所属車輌(キット付属のデカールは←のみ)
20210313173340f2d.jpeg

20210313173344af8.jpeg

砲口が此方に向くと、模型と言えども何だかソワソワするなあ〜
20210313173339271.jpeg



初期キット(リモコン仕様)のボックスアートでは車体前部にクルーたちが坐っているので、自衛隊員を坐らせてみた。
2021031317333807f.jpeg


20210313173345e58.jpeg

M41 M42ともにタミヤのベテランキットですが、ストレスなく(若干修正はしたものの)楽しむ事ができました。

おわり

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

TAMIYA 1/35 U.S.SELF-PROPELLED A.A.GUN M42 DUSTERその③

輪転の塗装
いつものようにテンプレートをマスキングがわりにして塗り分け。
202103111755043db.jpeg

車外装備品など小物類
スコップ等はジャンクパーツから流用ね。
キットでは対空機関砲はM60とM1919からセレクトするので前者をチョイス
202103111755055ee.jpeg

2021031117550779e.jpeg


砲塔(ターレット)
アンテナは真鍮線(0.4mm)で、でっちあげ
202103111755101f6.jpeg

砲弾をジャンクパーツから流用 (給弾部に装填できるように砲弾のサイズを加工)
薬莢部分をゴールドリーフ、弾頭をスカイブルーで彩色 ターレット内がいい感じ。 
20210311175508533.jpeg

弾薬ラックにアーモボックスをおいてみました。これもジャンクパーツから•••

自衛隊仕様なので、キットのアメリカ兵のフィギュアは使用せず(プロポーションも容貌もゴツい) M41製作時に使用した陸上自衛隊 戦車乗員セット65〜90年代(Fine Molds)から一体起用
階級は二等陸曹ね。
202103111948366ed.jpeg

因みに、実車にあっては車体前部に操縦手と車長(無線手兼務) ターレットに照準手 射撃手 給弾手2名が配置される様です。

次回完成予定


TAMIYA 1/35 U.S.SELF-PROPELLED A.A.GUN M42 DUSTERその②

ターレット(砲塔内)の組み立て


砲塔内のインテリアは組み上がると手が届きにくくなるので、予めスミ入れ ドライブラシ。


20210306174313c5c.jpeg
実物のディテールはよくわかりませんが、立体的な造形はいい感じ?かな〜
照準環はモールドで再現されていますが、見慣れてくると気にならなくなりました。
202103061743175af.jpeg


床の縞パターンにもドライブラシで立体的にね。
2021030617431440a.jpeg

20210306174316fc3.jpeg

砲身 砲架を組み込むとターレット内が緻密でメカっぽくなりました。
20210306174321ba4.jpeg



つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

TAMIYA 1/35 U.S.SELF-PROPELLED A.A.GUN M42 DUSTER

M41の流れでタミヤ1/35 アメリカ対空自走砲M42ダスター(以下、M42と略す)の製作。
もちろん、陸上自衛隊仕様でね。

M42は戦車部隊と共に行動して対空戦闘を目的に1953年に正式採用、M41の車台に40mm2連装対空機関砲がオープントップの旋回砲塔に装備されています。
陸上自衛隊にあっては1960年に特科部隊(現在の第7高射特科連隊)に22輛が配備され1989年度まで8両が現役だったようです。

古いキットながらタミヤ製なのでM41同様安心して製作予定 (より精密な模型を製作するなら他社のキットをね)  
202102232231445bb.jpeg


リア右翼のマフラーカバー上に工具ラックがありスコップ等が一体形成で再現されています。
ディテールが「ねた」的に許容範囲を超えているので削り落とします。


M41のキットでは省略されているサブマフラーが一体形成で再現されていますが、
遠位部の排気パイプがなく、でっち上げ予定。
20210223223145ee9.jpeg


ターレットの製作
前部装甲板を取り付けて合わせ目消しと、装甲板周囲に弾薬ラック 銃架を取り付け間隙をパテ埋め形成  
装甲板表面のフックは全て省略されていますがスクラッチする意欲なくスルー
20210223223147dfd.jpeg


車体とターレットにサフェーサーを塗布
車台はM41なんだけど、随分印象が違うなぁ〜
202102232231507dd.jpeg

OD 色(クレオス OD色C518)を塗布
20210228164706d08.jpeg

2021030218483142b.jpeg



ターレットは車台にスコッと挿入でき(精度がよく)スムーズに旋回させる事ができます。


つづく
フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード