FC2ブログ

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車 完成

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車 完成
戦後 国産初の主力戦車(第一世代)
無骨なフォルムと旧軍から継承された(ような)排気管カバーや排気管がええね〜
20210120164321de9.jpeg

20210120164327987.jpeg


コマンダー
状況終了のイメージか?えらいリラックスしたフォルム
20210119201458bf9.jpeg

20210120165327ea7.jpeg

20210120165329dc7.jpeg

20210120164322b1f.jpeg


デカールは第10戦車大隊
シンボルマークは"金の鯱”
第10戦車大隊は、滋賀県高島市 今津駐屯地に駐屯する陸上自衛隊第10師団隷下の機甲科部隊やね。
20210120164325c3e.jpeg


車輌番号95-4626  前半の95は戦車である事を意味し、後半の4桁は登録番号の連番
10戦-2   第10戦車大隊 第2中隊所属車輌
202101201643241f6.jpeg


2021012107310738e.jpeg


20210120164328030.jpeg

20210120164330b09.jpeg


おわり。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車 その③

製作の時系列が前後しますが、このキットは”キャンパス付き砲身”と、”無し”の2種類が選択できます。
既に前者を選択し、塗装(カーキ色)を施していますが、この場合は迎角が固定されます。
因に後者の場合は迎角が可動するので、砲身をトラベリングロックに固定する事が可能です。
20210113182924ecf.jpeg
T-字型のマズルブレーキがええですね〜
61式戦車の射撃シーンは残念ながら実際に見る機会はありませんでしたが、横方向のバッファーは迫力がある事でしょう。
61式戦車の射撃シーンと言えば幼い頃、怪獣映画で迎え撃つミニチュアや戦国自衛隊に登場したレプリカぐらいですかね。

20210113182922ed0.jpeg


このキットはスモークチャージャーが両翼に装備された後期タイプで迫力を増しています。
(スモークチャージャーが装備された事で砲塔側面にあった砲塔工具箱が天蓋に移動)

アンテナは真鍮線(0.4mm)を挿入して固定



車体に車外装備品を塗装、設置
20210113182919da3.jpeg


20210113182918bf9.jpeg

ワイヤーロープは紐をガンメタルで塗装する事で再現されています。
20210113182920f5d.jpeg

残りの組み立てと塗装は、機銃とコマンダー 履帯の予定で
つづく。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車 製作②

タミヤ1/35 陸上自衛隊 61式戦車の製作のつづき
脚まわり
ロードホイルは全体をつや消しブラックで塗装を行い•••
20201229201915887.jpeg
次いで、テンプレートをマスキングがわりにしてロードホイル円周のラバー部の塗り分けとします。
20201229201916cdf.jpeg




車体
茶色を塗布(クレオスC517)
202101032041219f4.jpeg

濃緑色(クレオスC516)で迷彩塗装
いつもならマスキングパテで迷彩パターンを作って塗装を施行していましたが、
今回はこの作業がとてつもなく面倒くさくなり、フリーハンドで施しました。

202101032041235aa.jpeg

次回は車外装備品等の組み立てと塗装に進みます。

TAMIYA 1/35 陸上自衛隊 61式戦車

今年も残すところ2日となりしましたが、年末年始のお休み(平和な年末年始であれば!ですけどね)を利用して↓を作る事にしました。
2020122718300094e.jpeg

因に香川県善通寺市の駐屯地には61式戦車が屋外展示されています。いつでも見て触れることができるや!と思っていた事もあり、手持ちの参考画像は↓の一枚だけでした。
コロナ禍で越境も憚られ、たくさん画像を撮っておけばと悔やまれるとこです。
20201227182730d36.jpeg

老舗キットのためかバリや合の悪さが若干ありましたが、わずかな修正でストレスを感じる事なく組み立てています。

ドアスコープのレンズは省略されているので透明プラバンを用いてでっち上げね。
20201229201917cc5.jpeg

各パーツを取り付けて、サフェーサー(クレオス マホガニ)を塗布
2020122920191997c.jpeg


砲塔
こちらもスコープに透明プラバンを仕込みます。
202012292019207c1.jpeg

鋳造表現を溶きパテで再現ね。
20201229201922399.jpeg


砲塔にサフを塗布して今ココ↓
2020122920192383f.jpeg

つづく

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード