FC2ブログ

モチベーションがいつまで続くか・・・

今日は快晴なので、庭でフルスクラッチで製作中の未分類艦の艦尾を大改修しました。


このフネの個性である滑り台(スリップウェイ)を形成した事で、建造しているフネの名称が分かっちゃいますが、「ねた」は日本海軍一等輸送艦(以下一輸と略す。)を建造しているわけです。


図面は極秘 日本海軍艦艇図面集 第2巻から1/133のモノを185%に拡大して、船体を改修しています。
IMG_1636_convert_20101212185941.jpg


IJN_No4_Landing_Ship_1944.jpg
                      Wikipediaより



敵勢力圏内を高速力と武装で強行突破・・・
孤島で奮戦する友軍に、補給物資を船足を止める事なくスリップウェイから放出させて安全圏内に離脱、帰投。
この"基本理念"というか"目的"に惚れちゃいます。

また、一輸は甲標的や回天なのどの運搬にも利用されていました。

一輸は終戦までに21隻竣工したようですが、残存数はわずか6隻、生存率は28.6%・・・



矢状面と水平面の図面はあるものの、艦尾喫水線以下の具体的な構造や線図が不明でしたが、これについては
こがしゅうと氏の「まけた側の良兵器集」「アナタの知ラナイ兵器 イラストで見る末期的兵器総覧」に艦尾喫水線以下の構造がイラストと解説で明確に再現されており一輸製作の後押しとなったわけです。


艦尾喫水線以下の艦尾形状は丸底(V字形状)から艦尾遠位端で横一文字となるようですが、荒削りのため遠目からの画像です。スケグ周辺は未着手です。

IMG_1637_convert_20101212190433.jpg



このモチベーションがいつまでつづくだろう・・・

参考文献

石橋孝夫 水野三郎  極秘 日本海軍艦艇図面集 第2巻 1974 潮書房
こがしゅうと まけた側の良兵器集 イカロス出版 
こがしゅうと アナタの知ラナイ兵器 イラストで見る末期的兵器総覧 大日本絵画
歴史群像シリーズVol.35 甲標的と咬龍    Gakken
歴史群像シリーズVol.37 帝国陸海軍補助艦艇 Gakken

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

艦首部のパテ埋めと形成作業

以前、護衛艦の艦首部をぶった切った記事をアップしましたが、今回は新たに艦首を作り直す作業と、艦底の形状を修正しました。

艦首部は矢状面での艦首形状を航空ベニアで形成し、これを基準に短冊状にカットしたプランク材とバルサブロックを組み合わせて作りかえました。
建造が失敗すれば記事のアップは予定していないので、製作過程をデジカメで撮る余裕もなく、黙々と工作を進めています。


で、今のところ取り返しのつかない失敗も無く、パテ埋めとサンディングを行っています。
所謂”パテ埋め地獄”というやつです・・・

護衛艦製作時に艦首部は、シャーに沿って3次曲面のフレアーを形成していたので、切断部より近位部のフレアーが残っている部分を直線的な面になるように、パテで肉盛りをしながら形状を整えて行きます。

被写体がホワイトなので、ちと見ずらいです。
IMG_1481_convert_20101127165358.jpg

パテはクリッパーさんのポリ樹脂にマイクロバルーンを添加したものを使用しています。

ポリ樹脂にマイクロバルーンを大量に混ぜ込むと水に浮くほど軽量で、硬化すればカッターやフィニッシングペーパーで”サク・サク”削る事ができるアイテムなので、肉盛りや凹みの補修に重宝してます。 
IMG_1489_convert_20101127170056.jpg


見るに堪えれる程度にサンディングは終了しましたがminorなパテ埋めはつづきます。
12_convert_20101127171530.jpg


艦底の形状は実艦の線図を参考に、プランク材を積層して護衛艦製作時よりもRを更に強調して丸底形状に修正しました。

艦首形状をみればフネの種類が、なんとなく解るのではないかと思いますが、いつまでアップが続くか不明なので未分類とします。

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

思うところあって・・・

第8回瀬戸大橋模型船大会でみなさんのすばらしいモデルを拝見した「ねた」は、2007年にフルスクラッチで製作し、現在に至るまで放置プレイ中のハルを倉庫より引っ張り出してきました。

IMG_3319_convert_20080531100123.jpg



一応コンセプトは1/100のDDつき型だったんですが、以前から気になっている艦があって、モチベーションが上がっている今を機会に、甲板をヒッペ返し、第一防水隔壁遠位部を切断しちゃいました。
111.jpg

ハルのリニューアルがうまくいったら、艦名をアップしてカテゴリー別に随時アップできたらいいなあ~と思っています。しかし、失敗したらこのハルは未分類で今後のアップはないと思います。

さてど~なることやら・・・

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

久々の戦艦霧島

先輩モデラーの造船中の新作を見てしまった「ねた」は、製作意欲に火がつき、久々に”霧島”を引っぱりだしてきました。

記事の更新は約半月ぶりとなります。

巡洋戦艦”霧島”の製作
summary
平成19年よりFRPで霧島の製作を開始、製作過程でモデルを再現する年代をコロコロ変更し、今の所、第1次改装時の年代(1928~1934)、第2次改装直前の姿を思案している状況。
現在霧島は、船体の下地処理を行っている。
DSCN3205_convert_20090705225316.jpg


で本日は中央甲板、副砲ケースメイト直上の日差しの形成(”波なみ”なカーブ)をしました。その後evergreenの平棒を甲板周囲に張って体裁を整えました。

DSCN3209_convert_20090705225935.jpg

艦尾長官室の水密扉を接着すれば、塗装へ進みます。
DSCN3204_convert_20090705223858.jpg



追記
Sボートは船体色が塗装できる状態で、天候待ちです。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

1/150戦艦霧島 副砲の設置

今年も残すところ、3週間となりました。起工からまる1年、我が「霧島」の造船は相変わらずスローリーな状態です。


副砲を設置しないと次の行程に進めないので(計画性のない製作手順が祟ってます。)船体の下地が十分でないまま、副砲の塗装と船体への設置を行いました(両舷1~6番副砲)。


砲身中枢部はシールドに組み込むと、塗装が困難になるため、予め塗装を施します。
DSCN1529_convert_20081207211027.jpg

DSCN1516_convert_20081207212431.jpg

DSCN1532_convert_20081207211744.jpg
今後は、副砲上部ケースメイトの”甲板日ざし”の曲線ラインの形成です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
ジャンル : 趣味・実用

フリーエリア
プロフィール

ねた

Author:ねた
自衛隊を愛する日本男児 
趣味の模型と、日常のエピソードの記録です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード